ワーホリで絶対失敗(後悔)しない方法はあります -人生にも当てはまること-

Pocket

それは超単純なこと。
これをやらずにワーホリ行って後悔しても、まあ仕方ない。

ワーホリを成功させる手順

1、渡航前にワーホリをする目的、目標をキチッと立てる

2、渡航後はそれを達成するまで努力し続ける

3、定期的に経過、達成状況を確認する

4、ワーホリ終了後、経験が新鮮な内に振り返り、自己分析をしっかりと行う

これが出来ればたとえ期間内に目的、目標が達成できなくても「失敗(後悔)」にはなりません。
振り返りをした時に「自分の成長」や「貴重な経験」がたくさん見つかるから(^^)

個性的なカナダファッションの写真

じゃ、各項目について話を掘り下げていくよ!

1、渡航前にワーホリをする目的、目標をキチッと立てる

まず初めに自分が定める目標の達成を、ワーホリ終了後にも活かすことが出来るのかどうかをよく考えるべき。
これはとても大切な事。

最初の目標設定がうまく出来ていないと、たとえそれを達成出来て一時的に満足しても帰国後に「あれ?就活に全然役立たないよ・・・」とか「これって日本に帰ってきちゃったら効果を発揮しないじゃん」なんてことになって、結果的に自分で失敗と思い込んでしまう可能性があるから。

カナダ国旗を羽織る青年たちの写真

逆にハードルを上げ過ぎたり、理想を追求するあまり現実離れした目標を立ててしまうと、空回りで1年間が終わってしまうかもしれません。

「日本食の良さを発信し続けて、半分以上のカナダ国民に日本食を毎日1回は食べる習慣を付けさせる」なんてのは無謀です(笑)

スポンサーリンク

補足:やるべきことを明確に!

注意してもらいたいのが、この記事で表す目的や目標とは「日本人以外の友達を作る」とか「日常英会話を身に付ける」といった様な、ただ漠然とした目標を決めて終わりではないこと。

目的、目標を立てたら「自分が何をすればそこへ到達できるのか」ここまで考える必要があります。

バンクーバーの兄弟の写真

例えば。。。
「日常英会話を身に付ける」ことを目標とする場合

英語の基礎知識を参考書なりなんなりで身に付けるのは当然ですが、次に実際の英会話のシチュエーションを思い浮かべてみます。

相手に何か質問された時、相手の言っていることが聞き取れなければイエスもノーも言えず、話はまったく進まないですよね〜

てことで「リスニング力を上げるのと同時に、日常英会話ではどんな言葉が使われているのかまで研究できるから、ネイティブYoutuberの日常ビデオログを見てみよう!」・・・みたいな。

まあ実際に会話することが一番伸びるんですけどね↓
カナダに住んで思う、本当の英語を身に付ける最良の勉強方法はこれ。

あとは自分が日本の友達と話している時の内容を考えてみるのも良いです。

日本語ですらほとんど使わない、もしくは意味も知らない言葉はたくさんあるので、それをいちいち英語で覚えていく必要なんて全くないです。
例えば「金利」とか「経済発展」とか、まあそんなような言葉。

YouTubeのロゴ
Picture by YouTube

こんな感じで、大目標を立てたら、次に大目標を達成する為の小目標や手段まで分析していくことが大切。

大目標:日常英会話の習得

その達成に必要な事(小目標)は。。。

→英語の基礎知識の学習

→日常会話ではどんな言葉が使われるのか分析

→英語の聴き取り能力を上げる

→外国人と実際に会話してみる・・・and more.

今は日常英会話に的を絞って話したけど、どんな目標でもこのことは当てはまります。

ちなみに、やるべきことをリストアップして常に目に入る所に置いておくと、モチベーションの維持に効果的ですよ〜

2、渡航後は目標を達成するまで努力し続ける

渡航後の流れは比較的簡単。
自分が立てた大目標、小目標、計画を実行に移していくだけです。

計画が有るか無いかでは、渡航後すぐに時間を有効に使えるかどうかに差が出ます
計画が有る人は現地に着いたら、自分がまずやるべきことが何なのかわかっているからね〜☆

外国人の友達を作りたいならシェアハウスをしたり、日本に興味がある外国人が集まる現地のコミュニティに参加してみたり。

こんな記事もあるのでよかったら↓
Meetup体験談|日本に興味を持った外国人(ネイティブ)の友達の作り方

情報が少ないようなら現地の留学センターに相談に行ったり、日本人のコミュニティに参加してワーホリの先輩達に質問してみるのも良いと思います。

Meetupビクトリア

そしてもう一つ大切なことを言うと
達成するまで努力し続けるのだから、言い方を変えれば「絶対に達成出来る」となります(^^)

3、定期的に経過、達成状況を確認する

これは自分のモチベーションを維持するのに非常に役立ちます。

自分の達成状況を確認することで「もう1ヶ月経ってしまった!」「あと半年しかない!」と再び気持ちに火をつけることが出来ます。

「計画の進行速度が遅いな」と気付いたら、自分のやり方の改善方法や、その方法に足りないことは何なのかを考え直すキッカケにも出来る

ビル先生の写真

期間が限られていることもまたワーホリの良い所だと思います。

その限られた時間の中でいかに目標を達成させるか、その手段を考え出すことに必死になることが出来るから〜
刺激溢れる生活というものは、あっと言う間に時間が過ぎ去るように感じるものですよ。

4、ワーホリ終了後、経験が新鮮な内に振り返りを行う

目標が達成出来ても出来なくても、必ず振り返りと自己分析を行いましょう!

目標を達成できた人は、自分が達成したと確信しているのだから、誰がなんと言おうとそれは失敗にはなりません。
失敗したかどうかを決めるのは周りの人ではなく、自分自身だから。

あとは自己分析を進めて自分がワーホリで達成できたことや、そこから得られるものをその後に活かすのみ!

カルガリーのクリスタルさんと猫の写真

では達成出来なかった人。。。

達成度が自分の中で70%だったとしても、その70%分は成長しています
だから失敗したなんて考える必要はありません!

どうしても「悔しい、こんなんじゃダメだ!」と思う人は、
残り30%を達成させる為の手段を後から考えたら良い、それだけのこと(^^)

もう一度観光ビザで現地に行ったり、別の国で挑戦したり、就労ビザを取得する等、
「どんな手段を使ってでも!」それくらいの意志を持っていれば、方法は色々見つかります。

逆にそこまでするつもりはない、ということなら最初に立てた目標もそれくらいの物だったのかなと、別の角度から受け入れる方法もありだけど

スイス・インターラーケンの山頂の写真

ワーホリ期間中に目標を達成出来ても出来なくても「真剣に時間をかけて」自己を見つめなおせば、自分が体験したことから得られる大切なことがきっと見つかります♪

せっかく海外生活という貴重な体験をしたのだから、それをなんとなく流してしまってはもったいなさ過ぎですよ〜

まとめ:気合い入れていこー☆

ワーホリ渡航前に「達成すれば将来本当に役に立つ目標」の設定を行い、さらにその大目標を達成する為の小目標、手段まで考える。
その際に自分の実力に見合った目標設定をすることも大切である。

渡航後は自分で立てた計画に沿って努力し続け、必要であればやり方や軌道の修正を行う。

ワーホリ終了後に改めて振り返りを行う。
そして自分が得たものを明確にし、それを今後に活かす。

これらのことをキチッと実行して、目標に向かって一生懸命になれる人なら、ワーホリの1年間は本当に充実したものに出来ます。

はい、長くなりましたが以上!
拙者の思うワーホリで絶対に失敗しない方法について書いてみました~

家探しから銀行口座開設までワーホリ体験談をまとめもあるのでよかったら↓
拙者式ワーホリ説明書!

それでは皆さん、キチッと目標、計画を立てて楽しく充実したワーホリライフを送ってくださいませ~☆



最後にもう一言

それを失敗とするかどうかを決めるのは自分自身。
もしかすると「失敗だと思わないこと」これこそが絶対に失敗しない唯一の方法なのかもね〜

関連記事(一部広告含む)



Pocket