批判コメント(アンチ)に関するブロガーとしての悩み

Pocket

ブログの場合、管理人は「意図的に」批判コメントを残している。
だって管理人ってそんなに不快なコメントなら自由に編集、削除ができるし、その気になればコメント欄ごと消せるからね〜

批判コメントが付くと喜ぶ人もいる

批判コメント(アンチ)の付いているブログやユーチューブの管理人には少なくとも3タイプいる

・批判コメントでコンテンツを荒らされてしまいショックを受ける人

・コメントはまったく無視する人

・アンチを利用して利益を得ている人

もしも誰かのコンテンツを閲覧していて「うわ、何こいつ偉そうなこと言ってんの?俺が論破してやるよw(批判コメントでメンタル潰してやるよw)」みたいに思ったなら、実はあなたがそのコンテンツ管理人からの裏ターゲットになっているかもしれません。
このことについては記事後半で。

批判コメントにお悩みの方はこちらの記事をどうぞ↓
個性的なブログにする為に記事で意見を述べる時の心構え

批判コメントについて悩む

はい、ズバリその悩みとは

このブログに全く批判コメントが付かないこと

ここで述べる批判コメントと言うのはですね、そのまんま、拙者が記事で書いていることを批判するコメントのこと。
「お前の言っている事は大間違いだ」とか「つまらない記事を公開するな」とか。

そんなコメントなんてつかない方が良いには良いんですけど、でもこれって逆に考えると拙者のブログが「人の心に響かない程つまらないブログである」とも捉えられるんですよね。

ちなみに拙者は全ての記事に「自分のブログにアンチを付ける工夫」を入れてます。

comment1

有名なブロガーやユーチューバーの方々のコメント欄を見ると、意外と荒れているコンテンツもあったりします。
何故なら彼らの言動がそれほどインパクトのある内容だからです。

どんな分野でもそれなりの何か目立つことをやるからには、それを好む人、好まない人、両方が現れるのは「必然」よね!

拙者のブログは今のところ批判コメントは一度も付いたことがありません。

つまるところそれはどういう事か。。。

批判コメントを残すことが趣味の暇人達(笑)にとって、このブログは批判コメントを残す気にもならないくらい、つまらないブログってことなんす〜

てことで、今後はもうちょっとインパクトのある記事を書いていけたらいいな~なんて思っております。

あ、別に批判コメントをつける為の記事を書くって意味じゃないよ!
せっかくなら誰かに「私はこう思います」みたいに意見を言ってもらえるような、心に響く記事を書きたい。

追記:妄想力の高いアンチ

この記事公開から半年後、ようやく批判コメント(?)ぽいのが付いたんだけど。。。
コメント主の妄想力が凄すぎて記事の内容ともブログ全体とも関係なく、妄想の中で勝手に作り上げちゃった拙者(の性格とかイメージ)を批判してきてて、もうビックリ。

他のブロガーが言ってた「妄想力高い系のアンチ」って、ある意味凄い。

ブロガーからしたら「え、あなたと会ったことも話したことも無いんですけどwww」て感じなんですけどね。

さて、ついでなので批判コメントについてもうちょっと書きます。

アンチは気付いてない

ブロガーとかユーチューバーの人で、あえて批判コメント(アンチ)を付ける為のコンテンツ作ってるな~って人を時々見かけます。

実はそれが利益になっちゃうからなんですね〜
中には月収100万円超えてる人もいるみたいだよ。(本人の自己申告なので不確か)

でもそこで批判コメントしてる人達ってそれに気付いてないから、それはそれはコメント欄でヒートアップして盛り上がっているのね。
時には記事本文の文字数と同等か、それ以上の気合の入った批判コメントを残していたり。

それを見ると、あ~この人達(ブログや動画、掲示板等の管理人)は読者をコントロールするの上手いな~って感心します。

champion1

普段はファンが喜ぶことをして、時に自分を嫌いな人がたかってきそうなコンテンツもあげる。

自分を好いてくれる人、自分を嫌いな人の両方をしっかりと自分の元に集めている訳ね。

単純に考えて、自分の事を好いてくれる人にだけ向けて情報発信をしてる人のコンテンツより、アクセス数は2倍。

そして批判コメントをする人たちは感情的になっているから、コントロールしやすいんだろうね。

管理人は画面越しにコンテンツをアップしているだけだから、気も楽だしね〜
面と向かって話をしている訳じゃないし、どこの誰かも知らない相手が残したただの文字を読んでそれに合わせたリアクションをするだけって感じかな?

カナダの庭の置物の写真

「この人たち懲りずにまた盛り上がってんなー、まあ自分には関係ないし儲かるからいいんだけどね」PC越しのブロガーはこんな感じだよ(笑)

時に焦ったフリを、時に怒ったフリを。
彼らはエンターテイナー、人の心を動かすことに長けているってこと。
ていうか仕事としてそれをやってるんだから、そりゃ上手に決まってるんだけど。

この記事公開後に拙者のブログにも批判コメントがついたので、試しにつついてみたら、相手が予想通りの動きをしたんですよね。
でもそれをわかってて相手をつつく自分も性質が悪いし、実験のつもりでつついただけだからもうやりまてん。

違いはすぐわかるよ

拙者が話している内容が気になる人は、荒れている記事の「タイトル」「本文」「コメント欄」「コメント欄に対する管理人の対応」「そのブログ全体のターゲット層」この5点に注意しながら、客観的に数人のコンテンツを観察してみればわかるかと。

本当に困っている人と、自ら批判コメントを集めている人の間にはある違いが見つかるはずです〜

例えば
「私のブログに批判コメントする人にお願いがあります」
ていう記事タイトルの本文で、コメントをもうやめてほしい旨を書いていたりするとします。

すると「ブログ管理人可哀想だな」とか「お?こいつ弱ってるのか?もっと批判コメントつけて潰しちゃえ!」って考える人が現れるのが普通です。

でも実は、本当に心から辛くてその記事を書いている人と、後者の「お?こいつ弱ってるのか?もっと批判コメントつけて潰しちゃえ」って考えそうな読者を刺激して呼び寄せる為に書いている人の2通りいるんだぜ!
その違いは先述の通り、管理人の対応やブログ全体の内容を客観的に見てみると発見できる。

バイキン

あ、探りのつもりで閲覧してて、自分も熱くなっちゃったら発見出来ないかもよ。笑
「踊らされるアンチ達」の一人にならないように、冷静に探ってみてね~

ブログの価値を上げるためにアンチをつけたい人は良かったら参考にしてみてちょ↓
アンチ(批判コメント)を利用してブログアクセス数を上げる時に意識すべきこと

余談:こんな感じ

「私は初期のウルトラマンより現代版ウルトラマンの方が好きだ。CG技術も発達したし、あーだこーだ…」
ていうコンテンツ、一見同じ現代版好きの人と共感を得たい、語り合いたいみたいなコンテンツに思えませんか?

でも「初期のウルトラマンファン」も裏ターゲットにしている可能性は充分にある。

何故なら初期ファンの人の中には、そのコンテンツを閲覧してムッときてしまい熱いコメントを残していってくれるかもしれないから。
時には管理人すら知らなかった知識を徒然と披露してくれたり。

批判コメントをした本人は管理人を論破してやるつもりで書いているのかもしれないけど・・・それこそが管理人の狙い。

ジャイアン

ちなみに知識とか何も含んでない、ただ「おもしろくねーよ」とかそういう単発コメントでもOK!

その批判コメントを読む人がいるからブログの読者滞在時間が上がります。
そのコメントに反論する人がいるし(読者同士で口論)、炎上の様子が気になって何度もブログに足を運ぶ人がいるので、ブログアクセス数も上がります。

細かい理由は省くけど、こんな感じでブログ自体の価値がどんどん上がっていくわけです〜

ちなみに某掲示板(笑)に自らアンチのフリをして、自分のブログのURLやブログタイトルを貼る人もいるくらいあそこは有益なサイトらしい(´_ゝ`)すごい勇気

一見マイナスに思えることでもやり方、利用の仕方次第で活かせるんです〜

これは全体のほんの一部を取り上げて話しただけで全てでは無いけど、まあこのようなことがあるので批判コメンテーター(?)は時に健全なファンよりも有益な存在になり得る訳でございます。

ここでちょっとおもしろいのは、コメンテーターは「論破してやったぜー!」って満足するし、管理人も「狙い通り批判コメントがついたぜー!」と、お互いに満足してるところ(笑)



てことで、はい、以上!
批判コメントが全然つかなくて、なんか無視されてるような気がして虚しくなったついでに、自ら批判コメントを集めてる人達も分析してみたよ日記でした~
まあ批判コメントが付かないのは知名度が低いってのが一番の要因だけどね。

記事が無駄に

長い。

と言いつつもまだ続ける。笑

アンチの人の中にはコンテンツ内を隅々までチェックして、管理人のちょっとした細かいミスでも探し出したりする人がいるんだけど、ある意味普通の読者より熱烈なファンとも言える。
そしてそれも実は管理人にとっては非常~にありがたいことなのである。

P.S.
このブログのスタイルだとコメント欄がない方が都合が良いことに気づいたので、炎上してないけどコメント欄を消しました〜


Pocket