ワーホリ1年は1秒も無駄にならなかった|カナダ生活振り返り

Pocket

自分のために本気になれる人はワーホリ終了後に絶対後悔しない。

ワーホリ中に充実した毎日を送る

渡航前に思い描いていたワーキングホリデーのイメージとはかけ離れた生活をしたけど、とても充実させることができました。

渡航前はと言うと。。。
1年間ガッツリ働きながら英語の勉強をするつもりでしたが、実際は最初の3ヶ月間しか働いてないし、英語の勉強もしてない(笑))

それなのに充実させることが出来た理由は

自分が本当にやるべきことが何なのかを考えて、ちゃんと行動したから〜

こんな感じ↓
ワーホリなのに仕事しないで何をしてるのかって?仕事よりも大事なこと。

ワーホリを終えて

てなわけで、今回はカナダでの充実したワーホリを終えた今、思うことを書いてみます〜

覚醒した自分。笑

他の記事でも書いていますが、将来自営業(起業)をしようと決意したことが、自分でも驚くほど大きな変化でした。

キッカケになったのは

・人との出会い

・外国に住んだこと

この二つ。

ルームメイトとシアトル旅行の写真

「自分の常識」の外にあるもの(日本人以外の生き方や外国の文化など)に触れて、それを分析したり吸収することで自分に変化が起こりました。

多国籍シェアハウスに住んだり異文化に身を置くことが、「自分とその周り(日本)でしか通じない常識」について考えてみる良いキッカケになったんですよ〜

その結果、「仕事(お金)は誰かに与えてもらうもの」というこれまでの考えから抜けだし、「自分の好きなこと興味のあることを仕事にして、楽しみながらお金を稼いでみよう」という考えに至りました(^^)

自分の常識の外に転がっている良いものばかりを吸収して、どんどん自分を成長させていくぜよ〜
何を吸収して何を省くかは、自分自身で選ぶことが出来るんですもん〜

スポンサーリンク

お金はいつでも稼げる

仕事とか、お金を稼ぐ方法は日本にも、世界にもたくさんあることを知りました。

カナダでもアルバイトできたし、(話は無しになったけど)本格的なブログ関係の仕事のオファーがきたりもしましたし〜

だから、その気になれば収入なんていつでも得られるんだな〜って思うようになったんです☆
(もちろんお金を得るために、自分がやるべきことはたくさんあるんですけどね)

おかげで、起業も含めていろんなことに挑戦できるようになりました!
お金に関する心配が無くなったので〜

こんな記事もあるよ↓
手に職無し!資格免許に頼らず仕事を得る(就職する)方法☆

ビクトリアの海で食事してる写真

好きなことやって生きていくぞー(^^)

必要最低限の英会話ならいける

一応、英会話習得が目的でワーホリを始めたので、英語に関する振り返りも軽く。笑

途中でワーホリの目的を「起業の準備」に切り替えたから、英語学習を放棄してしまい「日常会話習得」の目標には達しなかったけど、今の自分に必要な英語力は身に付きました☆

たとえば、海外のゲストハウスやホステルでアジア人が一人もいない旅人の輪に混じって、英会話を聞くくらいは出来るようになったり〜

ポルトガル・リスボンのゲストハウススタッフとの写真

以前なら、外国人の輪に混じっても全く会話が理解出来なかったけど、今ならなんとなく理解出来るからそこに座って相槌くらいは打てる。笑

英語学習に関する記事↓
覚えた少ない単語で英会話力を伸ばしてみた。暗記はもうやめる。

語学留学・ワーホリの英語学習の成果を感じるメキシコ☆

ちなみにカナダ渡航前にフィリピン留学したけど、留学は8週間だけだったので正直大きな変化は得られず終いでした。

でもワーホリでのカナダ滞在は「フィリピン留学で得たものを実践する場」として、とても有用なものになりました♪

※追記

帰国後に日本のホステルで働いたんですけど、外国人客を相手に簡単な接客はできてます〜

ホステルとは?英語を使う仕事(アルバイト)なら超オススメです~

神戸ホステルアンカレッジで異文化交流パーティの写真

余談:英語学習について

僕の学習方法はこんな感じ↓

1、YoutubeでネイティブのVlogを毎日見る(起床時と寝る前に5分ずつ)

2、シェアハウスで外国人ルームメイト達と共同生活

3、ネイティブと一緒に過ごす

※2,3に関しては、要は会話することによる「アウトプット」ね

この3つを英語学習(勉強)と呼ぶのかわからないけど、英会話を身に付けるならこれだけやれば充分だと個人的に思ってます〜
(もちろん他の人が使った言葉を吸収する作業を含めてね)

YouTubeのロゴ
Picture by YouTube

ていうか、カナダまで来て図書館にこもって教科書とにらめっこする気にはならなかった〜
そんなの日本で出来ますもん。

まとめ

カナダでワーホリしたら、これまで自分が常識だと思っていたことが、自分という人間(日本)の外では全く通用しないってことに気付いた。

特に「お金はいつでもどこでも稼ぐことができる」ってことを知れたのは大収穫☆

その結果、好きなことやって生きていってもいいんだな、という考え方になりました。

英語については、日常会話なんて全然できない状態だけど、今の自分に必要な英語力は身につけることが出来た〜

ワーホリを充実させることが出来た(大満足してワーホリを終えられた)理由は

自分に本当に必要なことが何であるかを考え、正しい優先順位で行動できたから。

以上!
ワーホリ生活振り返り日記でした〜

こんな記事もあります↓
これさえやれば後悔する暇なし!ワーホリ準備段階で出来る簡単なこと。

ワーホリで絶対失敗しない方法はあります。

僕のカナダ生活1年は1秒も無駄にはならなかった。

関連記事(一部広告含む)



Pocket