メキシコ版ハロウィン!?死者の日を現地で過ごしてきたよ。

Pocket

情報不足で期待した程楽しめなかった、残念なメキシコシティ滞在記(笑)

Day of The Dead

11月1日と2日は死者の日といって、メキシコ(カトリック)では亡くなった人たちの魂が戻ってくる日とされている。
ま、簡単に言えば日本のお盆。

1日、2日ともメキシコシティで過ごしたのでその時の様子をご紹介。

※筆者はキリスト教のカトリックやら正教会やらの違いがよくわかっていない状態でこの記事を書いています

メキシコシティ街中のドクロの置物の写真

31日はハロウィンだけど・・・

メキシコでも仮装した子供達が家やお店を訪ねて、お菓子を集めて回っていました。
拙者が泊まっていた宿にも数組やってきた・・・けどお菓子持ってなかったから何もあげてない(笑)

みんなカボチャのカゴを持ってた~

メキシコシティのハロウィンの仮装の写真

でも実際にはメキシコの死者の日とハロウィンは別の行事。

一応10月31日は死者の日の前夜祭としてお祝いすることにはなっているけど、そもそもは1日に子供の魂を、2日に大人の魂を迎えてお祝いをする行事だからね。
子供がお菓子をもらう為に町を歩く習慣は欧米から来てるんじゃないかな。

1日と2日はドクロメイクで仮装するのだが・・・

ドクロ(骸骨)を崇拝するのは、メキシコの先住民の文化(宗教)。
今ではそれがカトリックと混ざって独特の宗教も出来上がってるんだって。
(カトリック本家からは異端とされている)

個人の見解だけど
カトリックの諸聖人の日と先住民の宗教が混ざって他のカトリック諸国とは違った、死者の日に祭壇にドクロを飾ったりドクロメイクをする文化が出来上がったのだと勝手に思っている。
誰か歴史に詳しい方いましたら、コメントをくださいませ。

広場では先住民の歌を歌っていたり、踊りを披露するグループを数組見かけた。

メキシコの先住民の死者の日の仮装の写真

上の写真でドクロメイクしてる人の衣装はアメリカインディアンらしい。
でも手前の人の衣装はメキシコの先住民のものだとか。
アメリカインディアンとメキシコの先住民の違いがいまいちわからんが、とにかく様々な文化が混合しているようでござるな。

ちなみに日本語を話せるメキシコ人に「ドクロを飾るだけじゃなくて、どうしてお祝いする人達もドクロメイクをするの?」って聞いたら

「意味は無いよ!」

と、期待以上の答えが元気よく返ってきてしまった。

((笑))

いや、冗談抜きでこれ聞いた時笑った。

仮装文化が始まった初期は何か意味があったのかもしれないけど、現代ではとりあえず死者の日だし楽しくやっちゃう?的な感覚の人もいるようです。

あ、でも日本よりマシかな?
日本人はお祭りの意味すらわからず騒いでるから。笑

なんか東京の原宿でもハロウィンとは別に死者の日のイベントやったらしいね。
ハロウィンの意味も知らない人が多いのに、もっとマニアックなドクロペイントなんて本場がメキシコであることすら知らない人多そう。

スポンサーリンク

町はこんな感じ

ところどころにオフレンダと呼ばれる祭壇が飾られています。
オフレンダは死者の魂を迎えるもので、亡くなった方が好んだ物(食べ物やお酒など)をお供え物とするのでござる。

メキシコテオティワカン死者の日の祭壇の写真

拙者はカナダのSTEAM WORKSのビール希望。

祭壇だから基本は家の中に飾るものだと思うんだけど、広場や公園に設置されていたり、建物の中にあるものでも無料で開放してたりするよ!
だから観光客でもその様子を見ることが出来るなり☆
この時期に旅行する人はぜひ町のオフレンダ巡りもしてみてね~

見逃せない!メキシコ死者の日のコミカルで美しい装飾オフレンダ☆

メキシコシティの観光目玉の一つ、ソカロ広場はこんな感じ。

死者の日のメキシコシティソカロの写真

た~っくさんの祭壇(?)が飾られていました。
(広場の死者の日の装飾は毎年テーマが変わるらしい)

祭壇にぶら下げられているのは、お願い事かな・・・?

メキシコシティソカロ広場の祭壇の願い事の写真

ソカロには特設ステージも建てられていて、オーケストラやバンド、ショー等いろいろなパフォーマンスが行われてたよ!

1日には子供向けのショーやってた~
おとぼけピエロ3人組~

死者の日のソカロのイベントの写真

夜のソカロも結構いい感じなのでオススメ。

死者の日の夜のソカロ広場の写真

祭壇のドクロも光っちゃいます☆

夜の死者の日の祭壇の写真

でも仮装した人は、思っていたほど見かけなかったよ。

なぜなら…

メキシコシティで一番盛り上がるのは11月1日2日じゃなかったからな!!!

詳細はこちら↓
映画「007/スペクター」を再現!がっかりしたメキシコシティの死者の日。

超悔しい!

上の記事でも書いたけど
個人的には今後はメキシコシティでは、別の日に行われるパレードが最も盛り上がる(仮装に力を入れる)日になっていくと思っている。

でも一応仮装している人の写真は撮らせてもらえた。

メキシコシティソカロの仮装の写真

ちなみに1日は子供の霊が帰ってくる日だから、仮装した子供連れに写真を撮らせてってお願いしたけど、5組中1組しかOKしてくれなくて心が折れた。
子供の写真を撮りたい人は、最初に子供たちが持っているカボチャのカゴ(31日じゃなくても持ってる)にお菓子かチップを入れてあげて、それから撮影をお願いしてみる方が良いかもね。

ソカロ広場周辺にはドクロペイントをしてくれる人がたくさんいるので、興味のある人はお願いしてみてね☆
数百円でできるよ!

メキシコ死者の日のドクロペイント体験の写真

これは宿のそばにある小さなお墓~

メキシコの死者の日のお墓の写真

日本と違ってなんかコミカルな感じがしていいね。
魂を迎える側も、現世に戻ってくる魂もこの日を楽しく過ごせそう。

ん~
拙者が散歩して気付いた、メキシコシティの死者の日当日の様子はこんなもんかなぁ~

てことで、以上!
メキシコシティの死者の日の当日はあんまり盛り上がっていなくて、期待したほどじゃなかったなという感想でした~

ま、あくまでこれはお盆だからね、別に観光客を喜ばせることが目的じゃないんよね。
綺麗なオフレンダだって見れたし、ドクロ仮装してる人もいなかった訳じゃない。
でも拙者はパレードや仮装軍団に期待して来ちゃったもんだから・・・

当日をメキシコで過ごすなら、オアハカとかハニッツィオ島をオススメします。
ワイワイしてるのを楽しみたいなら、メキシコシティのパレードはマジでオススメ☆(これは参加者の声ね、拙者参加してないからね(;_;))

ついでに
フィリピンの死者の日(諸聖人の日)はこんな感じ↓
諸聖人の日|フィリピンのお盆(お墓参り)は日本と全然違って楽しそうです!

おまけの写真
お前、死者の日と全然関係ねーだろ!って突っ込みたくなるやつもチラホラ見かけました。

メキシコシティソカロの変な仮装の写真

あったかそう。

スポンサーリンク

Pocket