見逃せない!メキシコ死者の日のコミカルで美しいオフレンダ☆

Pocket

オフレンダは死者の日に飾られる素敵な祭壇のこと〜

メキシコの死者の日

メキシコでは11月1日に亡くなった子供の魂が、2日には大人の魂が現世に戻ってくる日とされています。
簡単に言えば、日本のお盆だね!

その間、人々はオフレンダ(祭壇)を用意して、そこに魂をお迎えしています〜

メキシコ死者の日の祭壇の写真

ドクロメイクと仮装を楽しむのも良いけど、様々なスタイルを持つオフレンダを見て回るのも超絶オススメです☆

これが噂のオフレンダ

祭壇には骸骨が飾られ、お供え物として「亡くなった人が好んだ物」を飾ります。

子供ならお菓子、大人ならお酒や煙草などなど~

メキシコシティサンアンヘルのオフレンダ(お供え)2の写真

死者の日の飲んだッくれの骸骨祭壇の写真

・・・これ、生前の様子を再現しすぎじゃない?笑

なんだか明るい雰囲気で日本のお盆とは全然違いますね☆
魂を迎える側も、戻ってくる魂もこの日は楽しく過ごすようです(^^)

カラフルな紙やビニールを切り抜いた、こんな素敵な飾りもヒラヒラしてるよ!

メキシコ死者の日の紙の飾りの写真

色んな柄の物が売られています(^^)

マリーゴールド

メキシコでは祭壇や墓地をマリーゴールドで飾り付けて死者の魂を迎えます。

そのため死者の日の準備~当日までは、メキシコの町がマリーゴールドのお花で溢れかえります☆
それはそれは華やかな見た目になっちゃうんですよ〜(o´3`)素敵過ぎ

メキシコ先住民のオフレンダの写真

メキシコのオフレンダのマリーゴールドの写真

友達に聞くまで知らなかったんだけど、マリーゴールドってキク科なんだって。
菊と言えば、日本でもお盆に飾られるお花ですよね☆

意外なところに共通点を発見だ~
こんなにも離れた国なのに、おもしろい。

スポンサーリンク

余談:ドクロ崇拝

メキシコの死者の日は、カトリックの諸聖人の日とは似てるけど別もの。
(ハロウィンとも違う)

ドクロを崇拝するのはメキシコ先住民の文化で、
他のカトリック教徒とは違い、メキシコだけが祭壇にドクロを飾っているのはそれが理由〜

※メキシコの宗教はカトリックの中の一つってことになってるけど、カトリック本家からは異端とされているそうです

こちらはビートルズのオフレンダ。

ビートルズのオフレンダ(祭壇)の写真

「2人は死んでるよ!」というパンチの効き過ぎた表現がたまりません。

オフレンダを見に行こう!

メキシコシティでは、オフレンダを飾っている建物(一般開放)の玄関はこんな感じになってました。

メキシコの死者の日の建物入口の写真

一応玄関に警備員ぽい人がいたけど、無料で入場させてくれました。

祭壇は死者の魂を迎えるものなので、基本的には各家に飾られる物だと思うんだけど、
公園や広場に設置されていたり、どこかの建物の中でも無料で開放されてたりするよ!

飾り方に基本はあっても同じ物はないので、
ぜひ町を歩き回って色々なオフレンダを見てみてね☆

メキシコ死者の日貴婦人のオフレンダの写真

こちらは貴婦人のオフレンダかしら? オホホホホ

はい、以上!
死者の日の前後にメキシコに渡航するなら、オフレンダも見逃せないよ日記でした~
ぜひお気に入りのオフレンダを見つけてきてね(^^)/

最高にお洒落なオフレンダを見に行くならココ↓
メキシコシティのおもしろ土曜市!お洒落地区サンアンヘル散歩☆

死者の日当日の様子はこちら↓
メキシコ版ハロウィン!?死者の日の様子を現地からお伝えします〜

おまけ
広場にあった祭壇

メキシコの広場の祭壇の写真

11月3日にはこうなってた



メキシコの広場の祭壇のその後の写真

人生、割りきりも大切ですよね。

関連記事(一部広告含む)



Pocket