ワーホリカナダ|ビクトリア生活最後の日、はじまりを待つ。

Pocket

初めての多国籍シェアハウス、初めての海外でのアルバイト勤務、アメリカ周遊、起業の準備・・・

そのすべてが今は思い出。

始まりあれば終わりあり

拙者の北米生活の始まりは今から約1年前、2015年11月23日。

それが今夜終わろうとしている。

2016年10月27日、ビクトリア生活最後の日記。
朝ごはんはシリアルと牛乳・・・に、プロテインをぶっかけたもの。

別れの時

昨日はビクトリアで半年間お世話になった愛車「Victoria Magnum」を、ワーホリでカナダに滞在している日本人のMさんに引き渡してきた。

ビクトリアではどこに行く時も一緒だった愛車だ・・・

超泣ける(;_;)

引き渡した後は、その場所から歩いて家まで帰った。
Magnumなら30分の道、当然歩けば倍の時間だ。

拙者は股関節があまり良くない・・・と言ったら大袈裟だが、長い距離歩いたり靴によっては時々痛む。
昨日は半年ぶりにその痛みを感じた。

半年間痛みのことをスッカリ忘れて、あちこち動き回れたのはアイツのおかげだったんだなぁ。
しみじみ。しじみ。しみてくと。

愛車の引き取り手のMさんはとてもシッカリした方のようだったので、安心して引き渡すことが出来た。

Magnum、新しい主人のもとで活躍するんだぞ!
今まで本当にありがとう。

Mさん、Magnumをどうぞよろしくお願いいたします。
そしてもっといい名前に改名してやってください。

ビクトリアの自転車の写真

・・・この日記公開した時点でもう廃車になってるなんてオチないよね?笑

人との付き合い方

明日の朝シェアハウスを出るので2階に住んでいるオーナーに挨拶をしにいった。
が、オーナーの帰りが遅くなるとのことで、帰ってくるまで2階のダイニングで待たせてもらうことに。

2階に住んでいる日本人3名とワイワイガヤガヤ。
話したことと言えば、まあ何気ない日常的な事。

カナダの日本人シェアハウの写真

・・・実は拙者、会話(特にグループ会話)があまり得意ではない。

独り(個室)で過ごすことの方が居心地良く感じる。
故にこの2ヶ月間は完全引きこもり生活だった。笑
(自分が住んでいる1階にはリビング等、他のルームメイトと話しこめる共有スペースが無いのも理由ではあるが)

だけど、時々はこうして皆でワイワイするのも、リラックス出来てそれがストレス発散になるのだなと気付いた。

この家のみんなと波長が合ったってだけの話かな?

短い間でしたがお世話になりましたm(_ _*)m
最後にみんなと過ごせて良かった~
これが無かったら、明日の朝一人でビクトリアを出るだけで、ワーホリの終わりを感じられなかったかも。

みんな元気でね~(^^)/

ともあれ、人との付き合い方を自分でうまくコントロール出来るようにすることは今後の課題。
人間関係で悩むことがよくあるからね。

は~
やっぱ日本語で話すのって楽だなぁ。



英語が全然伸びてない証拠。笑

カナダの締めは

ビクトリア生活最後のビールはこれ。

カナダのビールMolson Canadian Vivtoriaデザインの写真

MOLSON CANADIAN

VICTORIAパッケージ!

最後にワーホリを一言で表すと

将来の夢の実現を確信させてくれた最高のビザプログラム。

人生を自分が思い描いた通りに動かすのなんか超簡単、そう気付けた。
お金が必要なら手に入るし、時間が欲しけりゃ作れるし。

一つ終われば・・・

さあ、明日からまた新しい生活がはじまる。
新生活はメキシコからスタートだ。
忘れかけていた一人旅の感覚、存分に味わってこようじゃないか。

まだ見ぬ土地が我を呼ぶ。

ほんじゃ、気の向くままに・・・

いってきます!

ビクトリアの部屋とバックパックの写真

序章-4 起業に目覚めたビクトリア編

「完」



Pocket