ワーホリカナダの仕事の探し方|英語話せないと苦労すると思う。

Pocket

海外で働いてみよう☆

バンクーバーとビクトリアに住んでみて思うことを書いてみますね〜

内容はこんな感じ

・仕事の探し方

・英語力について

・仕事探しのタイミング

当たり前だけど、英語圏で働くんだから英語を話せないと苦労します。

仕事はこうやって探せます〜

まず仕事の探し方についてですが「Webで求人サイトを見る」か、「実際に町を歩いて探す」2通りが主流かと思います。

その他に「人づての紹介」もあります。

Webで探してみよう!

そのまんま、webの求人サイトを利用します。
地域を絞って、最新情報を確認できるのがグッドポイントだぜ!

参考に2サイト載せておくね~

↓カナダ人が教えてくれた求人サイト(英語)↓
indeed.ca

↓日本語表記の求人サイト↓
JPカナダ

indeed.caはトップ画面の「what」と書かれた枠に探している職種、「where」の枠に探す地域を入力して検索をかけてみてね!

例1:what/bakery(パン屋) where/vancouver,BC
例2:what/casier(レジ) where/toronto,ON

歩いて探してみよう!

ダイレクトで店員と話せるのがこのやり方のグッドポイントだぜ!

町を歩いていると時々お店の窓や入口に「wanted」とか「hiring」と書かれた紙が貼られているのを見かけます。

Hiringと書かれた張り紙
※上の写真はビクトリアのSave on Foodsというスーパーマーケットです。

また求人の貼り紙が無くても働けるお店はあるので、とにかく気になるお店を見つけたら直接店員さんに働きたい旨を伝えてみましょう(^^)☆

求人中であればおそらく履歴書の提出を求められるか、オーナーからの電話待ちになるかと思います。
その後は面接をして合否の判定、といった流れです。

ちなみにバンクーバーならスーパーやカフェ、飲食店はダウンタウンの外にもた〜っくさんありますよ~
フラフラ散歩してれば、所々にスーパーやレストラン等お店が並んでいる通りを見つけることができると思います。

Google Earthを使うと見つけやすいかも〜

スポンサーリンク

知人に紹介してもらおう!

これはあらかじめ知人がオーナーと話をつけてくれたり、あるいは人手不足が故に誘われるケースが多いと思うので、比較的仕事に就きやすいのではないかなと。
帰国で抜ける友達と入れ替えで入る、なんてのもありですね(^^)

興味のある仕事を友達がやっていたら、お願いしてみちゃおう!

ちなみに拙者は知人に誘われて仕事を1つゲットしました。

・・・過酷だったから3日で辞めたけど(笑)↓
ワーホリカナダの仕事、皿洗いなんて辞めてやる!給料が割に合わない!

その他気付いたこと

ワーホリの仕事における英語についてや、面接、仕事探しのシーズンについて〜

英語は必要です

日本人経営のお店、皿洗いのような裏方、ファームのお手伝いとかなら英語が全然話せなくても働くことはできるかもしれません。
でも、そうじゃなくてウェイターとか人と接する仕事なら、英語を話せないとかなり苦労すると思います。

だってここは英語圏、他の店員もお客さんも英語しか話してくれませんので〜
商品の説明書きももちろん英語表記。

Randy'sのメニュー2の写真

・・・とは言え、職種にもよるけど一般的なアルバイト程度なら、ネイティブレベルの会話力は必要ありません。

相手の言っていることがなんとなくわかって、間違った文法でも簡単な単語でもいいので、自分の思っていることを相手に伝えることが出来れば十分じゃないかなってのがカナダに住んでみた感想です〜

参考になれば〜↓
所要時間1秒で会話が上達!外国人も使う英語初心者にしかできない話し方

面接について

せめて電話で待ち合わせ時間を決めたりとか、簡単なやり取りは英語で出来るようにしておきましょう。
じゃないと先に進めない(笑)

When can I meet a manager?
Could you speak more slowly, please?
が、パッとどんな意味かわかるくらいのスキルがあれば、電話でもなんとかなるんじゃないかな〜
・・・拙者がそれくらいのレベルだったから(笑)

面接ではビザの有効期限、どれくらい滞在及び働く予定なのか、今までどんな仕事(バイト)をしたことがあるのかを聞かれました。

完璧な文章で回答はしていないけど、英文履歴書も作っていたから特につまずくことなく答えられたかな〜
昔八百屋で働いてたけど、履歴書書いてる時に「八百屋」って調べてなかったら、答えられなかったかも(笑)

だからどんなお店でどんな仕事をしたことがあるかとか、これから働くお店でどんなことをしたいのかを、あらかじめ英語で説明できるようにしておくと良いですよ(^^)

ま、難しく考えずにファストフード店でオーダー受け、レジ、締め作業の経験があるとか、ウェイターやりたいですってくらいの簡単な説明で充分☆

握手をする外国人の写真
photo by 写真AC

履歴書の書き方については「ワーホリ レジュメ」とか「ワーホリ 英語 履歴書」と検索すれば、丁寧に説明してくれているサイトが沢山出るので省略。

あ、拙者の経験上、応募の際はマネージャーと直接話をしてすぐに面接日まで決めてしまうことがポイントだと思います〜

面接日を決める前に、後日の連絡待ちになったりすると流れてしまうこともあるので。。。
まあ日本でのバイト探しと同じ感じです〜

追記
ビクトリアに引っ越した今思うことは、ビクトリアよりバンクーバーの方が遥かに仕事はたくさんあること。

詳しくはこちらの記事に↓
ビクトリアよりバンクーバーの方がワーホリの仕事は断然多い!

仕事探しのタイミング

拙者が仕事探しをしたのは12月でした。
皿洗いもウェイターもちょうど前にいたバイトの人達が帰国するタイミング。

やっぱり年末に帰国する人は多いみたいでサクサクっと決まりました☆
こういう時期が仕事探しも家探しも比較的楽みたいですね。

年末の他には、3,4月にやってきた人が帰国する2,3月、学生の夏休みが終わる10月あたりが狙い目なのかな?

その反面、人が押し寄せる時期は好条件の家も仕事も見つけにくくなることもあるようなので、これから渡航される方は時期は要検討ですね。

まとめ:探してみましょ〜

ワーホリの仕事の探し方は主に3通り。

・Webの求人サイトを見る

・実際に町を歩いて探す

・人からの紹介

英語圏で働くんだから、それなりの英語力は必要になる。
ただし、ネイティブレベルではなく、相手の言っていることがなんとなくわかって、自分の思っていることを簡単な英語で伝えることができるくらいでいいと思う。

バイトの応募はオーナーに直接連絡する方が確実。

年末、年度末のみんなが帰国する時期は比較的仕事を見つけやすい(入れ替わりで入れる)。

こんなところでしょうか〜

拙者が実際に仕事を探してゲットするまでの流れはこちら↓
カナダでワーホリ仕事探し体験談|簡単に見つかった〜 in バンクーバー!

ワーホリの仕事に期待し過ぎてる方はこちらもどうぞ↓
ワーホリの仕事なんて所詮アルバイト。お金以外に得られること、ある?

はい、以上!
カナダでワーホリをしてみて仕事について思ったことを書いてみました〜

それでは皆さん、海外お仕事ライフを存分に楽しんでくださいませ~☆

Good luck!

関連記事(一部広告含む)



Pocket