外国人シェアハウスの国際交流生活はマジ最高。魅力を説明しよう!

Pocket

生まれ育った国が違えば習慣も常識も違って当たり前。

僕は日本の常識の外へ出た。

この記事のトピック
多国籍シェアハウス生活を選んだ理由

多国籍シェアハウスの本当の意味

日本にもある多国籍シェアハウス

多国籍シェアハウス生活を選んだ理由

まずはカナダで多国籍シェアハウスに住んでいる理由を書いてみる。

1、英会話の練習をしたい

2、外国人の持つ常識や文化に間近で触れてみたい

3、共同生活(シェアハウス)を経験してみたかった

主な理由はこの3つかな。

英会話の練習をしたい

僕のワーキングホリデーカナダ渡航の第一の目的は、日常英会話の練習・習得でした。

それにはまず英会話をする環境に身を置く必要があると考えた。
・・・追い込まれないと行動しない傾向があるので。笑

ラグビーカナダ代表のルームメイトの写真

結果、これは大正解!
理由はそのまま、一緒に生活しているルームメイト達とコミュニケーションを取るには、当然英会話が必要になるからです〜
他のルームメイト同士の会話も英語だから、家の中では常に英語が飛び交っている状態で、勉強のモチベーションを保つのにも非常に役立っている。

その後、自分が英語を話せるようになったかどうかは別としてだがな!笑

外国人の持つ常識や文化に間近で触れてみたい

・初めて海外で過ごすクリスマス

クリスマスの食卓の写真

僕がシェアハウス生活で一番驚いたことは、バンクーバーでルームメイト達と過ごしたクリスマスイブ

日本人の特に若い方は、クリスマスシーズンになると「恋人」という存在を強く意識していませんか?
僕は、超!意識して「いた」よ。
でもね、それは「自分(日本)の中の当たり前」でしかない事を痛感しました。

何故ならルームメイトのドイツ人カップルに「クリスマスイブの夜を一緒に過ごそう」と誘われたから。

「えッ!クリスマスにデートしないの!?」って感じじゃない?

しないんだよ、「本来」ならね。
クリスマスは家族団欒で過ごす為の休日。
フィリピン人の女の子たちにも聞いたけど、クリスマスシーズンでも恋人とは特別な事はせず、当日には家族と過ごすとのことだった。

もう一つ、マナーに関する話がある。

・22時以降は騒音に気を付けてる?

カナダ人学生のホームパーティの写真

「夜22時以降~朝7時くらいまでは家の中で騒音を出さない」という常識が、これまでの自分の中にあった。
ましてやルームメイトがいるのであれば、ハウスルールを決める話し合いをしなくてもそれくらい皆わかっているだろうと思っていました。

でもここは海外、そんな日本(自分)の常識は通用しなかった。

毎週末大人数を家に招いて、23時半を過ぎても大音量で音楽かけたり、ギター弾いて歌って騒いで。。。



これらの僕が経験した出来事に似た経験談は、以前から度々耳にすることはあったよ!
だからシェアハウス経験前からなんとなく「まあ日本の常識なんて、日本でしか通じないよな~」という意識はあった。

でも「百聞は一見にしかず」の言葉のように、実際に体験してこそ自分の中に吸収し学べることがある。
当事者になるまでは所詮他人事みたいになっちゃうんですよね〜

これは外国人との間だけの話ではなく「人と人との間には、それぞれ違った価値観や常識があるんだ」と、改めて考える良いキッカケになりました。

僕はこれまで、あらゆる物事を自分の価値観だけで判断してしまっていた。

共同生活(シェアハウス)を経験してみたかった

先述の内容と重複するんだけど・・・
色んな人の考え方や文化を見ながら、協同生活をしたかったんです。

その結果、ベタな話だけど協調性が身に付いた。
シェアハウス生活は、なんでも自分の思い通りに、または他のルームメイトの思い通りに出来るものではない。

国籍が違えば、ルームメイトのそれぞれが持つ常識にズレがあるのは当然。
さらに自分たちが現時点で生活している国の常識にも従わなければならない。

「国の常識」と書いたのは、実はホームパーティはカナダではよく開かれるものだから、カナダのシェアハウスでホームパーティを開くことに対して、「ホームパーティがあまり一般的ではない日本からやって来た僕」が文句を言うのはいかがなものかと・・・
まあ夜中まで騒ぐのはさすがに国がどうとかじゃないんだけどね(笑)

インターナショナル冷蔵庫の写真

ルームメイトの行動が自分にとって不快だったら相手と話し合ったり、時に我慢しなきゃいけません。

お互いの立場を考えて協調していくことは、孤独に生きる人以外の誰もが必要とすること。
友人、職場、ご近所付き合い。。。

シェアハウスなら、その大切なことを学び成長するチャンスが常にある。

共同生活が大変である分だけ、学べる内容もとても濃いものだった。

とか言って、ルームメイトに怒りを爆発させたことがあるけどね。笑
ま、それも経験。

多国籍シェアハウスの本当の意味

シェアハウスを選んだ元々の1番の理由は「英会話の練習」でした。

でも約1年間外国人とのシェアハウス生活を送って、自分の中で最も価値のある経験として残っているのは

「外国人と一緒に生活出来たこと」。

この経験こそがこれからの自分の人生に最も大きな影響を与えていく。
英会話の練習も大切だったけど、それよりももっとね。

皆でお正月の挨拶をしている写真

多国籍シェアハウスってね、日本の…というか自分がこれまで決めつけていた全ての「常識」から外れるキッカケを与えてくれるもの。

将来海外で生活するキッカケになるかもしれない。
最終的に日本に落ち着くとしても、大学卒業したら一般企業入って、定年まで働くのは「自分とその周りにいる人の間でしか通じない常識」だってことに気付けるかもしれない。

柔軟な発想が出来る人間になるチャンス、将来の可能性を広げるチャンスがシェアハウス生活の中にありました。

これから留学やワーホリする人は是非一度多国籍シェアハウスで生活して、いろんなことを見て聞いて経験してみてね!

自分が正しいと信じていることを、世界中の人々が正しいと信じている訳ではないんだ。

日本国内にも多国籍シェアハウスがあるよ

・・・この記事、本当はボーダレス・ジャパンについて書くつもりだったんだけど、自分のシェアハウスに対する思いを書いてたら長くなってしまったので別の記事で紹介します(笑)

ボーダレス・ジャパンは、日本国内にある多国籍シェアハウス(ボーダレスハウス)を運営している会社で・・・つまりだね!

僕が今説明した内容と同じことを日本でも出来ちゃうってことなんだよね!

日本国内の多国籍シェアハウスをお探しの方はこちら↓
BORDERLESS HOUSE(公式)

はるばるカナダまで来て多国籍シェアハウスしたのに、それが日本でも出来るだとぉ~(`ヘ´#)ぐぬぬぬ

さらにカナダの一般的なシェアハウスとは違い「居住者の国籍比率まで管理している」徹底ぶり。
居住者向けに国際交流イベントも企画されていたり、とにかく魅力的なので僕は帰国後に見学に行く。笑

ボーダレス・ジャパンのスタッフ青山さんとのお話で、日本の多国籍シェアハウスに住みたくなっちゃった話はこちら↓
日本国内の外国人シェアハウスの探し方があるって知ってた?

日本国内の外国人シェアハウスの探し方があるなんて僕は知らなかったよ!

スポンサーリンク

Pocket