キャンプ用テントの組み立て方|自然に囲まれると気持ちよく眠れますよ〜♪

Pocket

大自然の中で眠れるよ〜☆

風でゆらぐ木々の音、小川や波の音、鳥のさえずりに虫の声、。。。

大自然に囲まれてすごす自分だけの時間は、と〜っても気持ちがいいですよ(^^)♪

盛岡岩洞湖家族旅行村でキャンプしてる写真

てことで!

自分だけの空間をどこでも作れちゃう素敵アイテム、テント様のご紹介〜

テントは簡単に組み立てることができるので、興味のある方はぜひキャンプに挑戦してみてね〜

※この記事は、登山や過酷な環境下でキャンプする方ではなく、これからキャンプをはじめてみたいという方向けです☆

テントの組み立て方

今回は僕が使っている、GeerTopというメーカーの2人用テント:Toproad 2plusで組み立て方を紹介していきます〜

☆用意するもの

・テント

・グランドシート

・ハンマー

ちなみに、キャンプ用テントにも色々な種類がありますが、
基本的には「テントを広げて、ポール(支柱)で支える」という仕組みになっています(^^)

もちろんToproad 2plusもです〜

スポンサーリンク

補足1:グランドシートとは

グランドシートは、テント本体と地面の間に敷くもの。

テントの底が地面(石や枝など)と擦れて、いたむのを防いでくれます☆

僕は市販のブルーシートで代用していましたが、
本格的なものであれば、地面の湿気や冷たさをテント内に伝えにくくする効果があります〜

また若干の厚みがあるものもあり、テント内での座り心地、寝心地をより良くしてくれますよ(^^)

テントをはる場所を決めよう!

キャンプ場についたら、まずはテントをはる場所を探します〜

キャンプ場でテントのはれる場所探しの写真

キャンプ場によって「敷地内のどこでも自由にはっていい場合」と
「運営者より、1組ごとに指定された場所ではる場合」がございます〜

はい、大体の位置が決まったら、グランドシートを敷きましょう(^^)

テントの貼り方(グランドシート)の写真

大きな石や枝などが落ちていれば取りのぞいてくださいね★

テントを広げるよ〜

グランドシートの上にテントを広げます〜

GeerTop2人用テントの貼り方(本体を広げる)の写真

ポールを通すよ〜

テント本体の穴にポールを2本、交差するように通します〜

こんな感じ↓

GeerTop2人用テントの貼り方(ポールを通す)の写真

GeerTop2人用テントの貼り方(ポールを2本通す)の写真

テントを立てるよ〜

テントの四隅には、ポールを引っかける留め具がついています。

まずポールの一方を留め具にはめます↓

GeerTop2人用テントの貼り方(ポールを本体の穴へ)の写真

そして反対側も留め具にはめると、
ポールが弓の様にしなって半円形になります~

これは2本のポールの内、1本だけセットした状態↓

GeerTop2人用テントの貼り方(ポールを本体の両端の穴へ)の写真

交差している、もう1本のポールも留め具で固定すると。。。

じゃん!

GeerTop2人用テントの全体(フライシートなし)の写真

テントが立ち上がりました〜☆

テントがズレないよう念のため、テントの四隅を付属のペグ(杭)で地面に固定します〜

GeerTop2人用テント(付属のアルミ製ペグ)の写真

ペグはハンマーで、真っ直ぐに力が伝わるように打ちこみましょう。

僕はその辺に落ちている大きな石を使って打ちこんでいましたが、
石だと真っ直ぐ力を伝えるのが難しく、首が折れ曲がっちゃいました(苦笑)

GeerTop2人用テント(折れ曲がったペグ)の写真

まあ、少しくらい曲がってても使えないことはないので〜

(僕は風のない日なんかはペグを刺さずに、テントの中に荷物をおいて重石がわりにしていました)

フライシートをはるよ!

はい、これが最後の作業です(^^)

テントの上に付属のフライシート(防水カバー)をかぶせます〜

フライシートは紫外線や雨風を防いだり、テント内を保温する効果があります♪

まずは差し込みバックルでテントの四隅と、フライシートをつなぎます〜

GeerTop2人用テントの貼り方(差し込みバックル)の写真

バックルで固定しただけでは、ペチャンと潰れてしまい
フライシート本来の効果を十分に発揮できません↓

GeerTop2人用テントの貼り方(フライシート・ペグなし)の写真

てことで、フライシートが広がるように、必要箇所をペグで固定します〜

GeerTop2人用テント(ロールアップ)の写真

こうすることで、テントとフライシートの間に空気の層をつくることができます☆

この空気の層が、テント本体に結露(夜露)がつくのを防いでくれます〜

はい、テント組み立て作業は以上でございます〜

じゃじゃ〜ん 完成☆

GeerTop2人用テントToproad2plus(フライシートあり)の写真

意外と簡単でしょ〜♪

余談:真夏は暑い

フライシートはものによっては、通気性が悪く、テント内に熱気がこもってしまいます。

ですので僕は、夏の暑い日なんかはフライシートを使わず、
テントのみで、さらにメッシュ窓(網戸)にして寝たりしていました。

GeerTop2人用テント(メッシュ網戸)の写真

GeerTop2人用テント(2つの出入り口(メッシュ網戸))の写真

ただしこの場合、外からテントの中が見えてしまいますので、
周りの目が気になる方には向かないかもしれませんねぇ。。。(°°)

それに日陰がなければ直射日光ガンガンです〜

そんな時には、
フライシートに近い役割をしてくれて、かつ通気性の良い「タープ」というキャンプ用品もあるので
気になる方は、ぜひそちらもチェックして見てくださいませ〜☆

(僕はタープを使ったことがないので、堂々とオススメできないのですが〜)

補足2:キャンプに必要なもの

場所や、キャンプをする目的にもよるのですが〜

・テント

・グランドシート

・ペグハンマー

・寝具
→テントの内側に敷くクッション性のあるマットや、時期によっては掛け布団(寝袋)など

キャンプ用テントマットの写真

・ライト

・虫除けスプレー
→やはり自然の中ですからね〜

・飲料水

・トイレットペーパー
→トイレ付きのキャンプ場でも、念のため持っておくと安心です〜

・ゴミ袋
→ゴミ箱がないキャンプ場もありますので〜

ひとまずこれだけあれば、大自然に囲まれながら眠ることができると思います〜(^^)♪

山梨県尾白川渓谷(川)の写真

あとは季節や天候、キャンプの目的、どのような快適さを求めるかなどによるかな〜
雨具、椅子や机に食料やお酒、読書用の本とか〜

調理器具に関しては「必需品ではない」と、僕は思います〜

お弁当を持っていけば良いですからね〜

でも、自然の中で食べる温かいご飯は格別なので、
調理器具を持っていくことをオススメはしています〜

僕が使っている調理用バーナーの紹介もありますのでよかったら☆↓
キャンプ用ガソリンバーナーの使い方|自然の中であたたかいご飯を食べよう♪

軽くまとめ

文章で表したので長くなってしまいましたが、
実際には1人でも5分以内でテントをはることができます♪

やることは

1、シートの上にテントを広げる

2、テントにポールを通して立ち上げる

3、ペグで地面に固定する

4、フライシートをかぶせる

これだけですからね〜

眠るだけでしたら、そのほかに用意するものも少ないですし、
キャンプって、意外と簡単にできるんですよ〜

興味がある方は、ぜひ気軽にはじめてみてくださいね(^^)☆

今回僕が紹介したオススメのテント
Toproad 2plusの詳しいレビューもあるのでよかったら〜↓
GeerTop|2人用テントでゆったりキャンプ♪自転車日本一周でも使ったよ〜

はい、以上!
僕が自転車日本一周、軽自動車日本一周2人旅で使っていた2人用テントToproad 2plus(メーカー:GeerTop)の組み立て方の紹介でした〜

寝袋についてはこちら↓
キャンプ用寝袋選び|軽量コンパクトなので世界一周にも持っていきました〜

電子機器や建物群から離れて、静かな自然の中で眠るのって本当に気持ちがいいですよ(^^)♪

関連記事(一部広告含む)



Pocket