ワーホリカナダで気づいた外国人シェアハウスのデメリット!

Pocket

多国籍シェアルームの良いとこ悪いとこ

カナダでワーホリ中にネイティブ、外国人留学生、外国人ワーホリビジター、移民、日本人のそれぞれとシェアハウス生活をしてきました。
国籍は「カナダ」「ドイツ」「トルコ」「ブラジル」「スーダン」です。

その時に気づいたことを書いてみますね〜

はじめに言っちゃうと、国籍や宗教上のトラブルは一切ありませんでした。
ですので外国人だから・・・というよりただの「シェアハウスならではの問題」って感じかな!

シェアハウスで大変だと思ったこと

まずはBadに感じたことから。

・22時~6時の間に物音をたてないマナーはない
→夜中に大きな声で話をしている
→月2、3回週末にルームメイトが友達を5〜10人くらい家に呼んで大きな声でトークしたり、22時以降もギターを弾いて歌ったり騒いでました

・最低限のマナーを守れない人もいる
→食器を洗わない
→ゴミを片付けない、掃除をしない
→他人の物を勝手に使う人がいる

・拙者は気にしないけど、マリ○ァナを吸って毎日ハイになっている人がいる
→時々ハイになって23時以降に大きな声で電話したり、大きな音でテレビを観てることがある
(うるさいって言うと止めてくれるのでまあ良し)

・同室人のいびきが尋常じゃないくらいうるさくて眠れない
(外国人シェアハウスは全然関係ないけど(笑))

拙者の部屋の写真

・時々好みじゃない音楽が家内で流れてる(笑)

・キッチンとトイレ、シャワーが共同の為、嫌でも1日1回は誰かしらに会う

・リビングにしか机が無い家では、勉強、デスクワークはそこでするしかないので集中するのが大変
(必要なら安い机を買って個室に設置で解決できる)

・誰かが病気になっても同じ家にいなきゃいけない

・トイレとシャワーが1つの空間にあるので、朝家を出る時間が重なる人達はちょっとめんどくさそう

・シェアルームだと1人になれるプライベート空間がない

・その他、性格の相性による細かい問題

スポンサーリンク

うちにはないけどその他起こりうるデメリット

・国籍や宗教の違いによる問題(礼儀作法や習慣)
→例:同室のイスラムの方の礼拝時間が早朝

・貴重品盗難やお金に関するトラブル

・酒癖が悪い人とシェア

・オーナー同居の場合、ルーズな人が減る半面生活ルールが厳しくなる場合がある

・その他お互い英語がうまく話せないが故の問題
(生活に支障が出るような問題にはならないと思うけど)

シェアハウスの生活費はこちら↓
カナダワーキングホリデー最低費用(生活費)を実体験から考えてみた

外国人シェアの良いとこ・魅力的なとこ

・英会話の練習が出来る!
→積極的に交流できるなら語学学校いかなくても、これだけで十分英会話ができるようになります

・文化の共有を楽しめる!!
→日本人以外のライフスタイルを知ることで、自分の将来の道が100倍広がる
(日本人独特の凝り固まった考え方から飛び出せる!!)

・一緒に遊んだり、ご飯食べたり、日本人以外の人と家族のように過ごせる

バンクーバーの家族の写真

・他人との協調性が身につく
→日本を出て、しかも色々な国の人とシェアするんだから超成長できるに決まってます

・もしも自分が相手国に旅行に行く場合、マニアックな情報や寝床を提供してもらえる(笑)

・国際社会や世界史に興味が沸く
→意外なところで日本の歴史や経済についても学ぶ機会があったり

その他魅力を全力で説明してみました↓
外国人シェアハウスで国際交流生活を選んだ理由。魅力を説明しよう!

その他メリット

・ホームステイと比べて家賃が安いし自由度が高い!
(というか、うちはオーナー別居なのでほぼ自由!)

・シェアとはいえ海外の広い一軒家に格安で住む体験ができる

まとめ:シェアハウスは学べることがたくさん☆

「細かすぎなんじゃない?」って思われそうなデメリットまで挙げたんですけど、あれが毎日、数ヶ月続くってのは意外と神経使って疲れることもあります。
また日本人同士でシェアすれば言葉も文化も同じなので、多国籍でシェアするより断然気楽に生活できると思います。

でも外国人と、しかも海外でシェアハウスする機会なんてのは、そう簡単に得られるものではないですし、若い内に体験できるワーホリならではの楽しみ方なんじゃないかなって拙者は思います(^^)

20代(国によっては35歳まで)の内に、色んな経験をして色んな世界を見ることで、将来の可能性は本当に広がりますよ♪
(もちろん、ただ経験するだけじゃなくて、物事をしっかりと考えて自分の中に吸収する必要はあります)

カナダで新年会の写真

てなわけで、色々大変なこともあったけど拙者にとって多国籍シェアハウス生活は

最ッッ高に!

良い経験になりました!!

マジで!

めっちゃ楽しくて勉強になりました!!

ルームメイトとはこんな生活してます↓
外国人との楽しいシェアハウス生活はこんな感じ!ワーホリカナダ編

家探しについてはこちら↓
超簡単なワーホリシェアハウスの探し方|エージェントなしでカナダで家見つけた〜

シェアハウスに不安を感じている人へ

「外国人とシェアは「文化」も「習慣」も違うから難しそう・・・」と、身構える必要はないと思いますよ〜

相手の言動のどこまでを受け入れて、どこまで相手の為に出来るかの線引きを決めているのは自分たちなんです。

国籍がどこだとか、どの宗教なのかってのはあまり関係ないんです〜

相手がたとえ日本人でもだらしない人、気の合わない人、気遣えない人と一緒に住むのは難しいものだし、ひとくくりに「外国人だから」と考えなくても良いと拙者は思います(^^)

Atemさんの家族の写真

だから少しでも興味があるなら、思い切って一度チャレンジしてみることをオススメします〜☆

そして思い切ってチャレンジした結果、ストレスフルで拙者が爆発した話(笑)↓
トラブル発生!外国人シェアハウスで唯一受け入れられなかった事

もしも気になることが思い浮かんだら、ただ我慢するのではなく一方的に責めるのでもなくお互いの「文化」を尊重し合って、中間的な解決案を話し合いで決めて、お互いに成長してみるのはいかがでしょうか〜
嫌なことは嫌とちゃんと伝えて、みんなが気持ちよく過ごせる環境を作りましょ〜(^^)

どうしても契約満期まで耐えられなきゃ、違約金払って引っ越すという切り札もありますし!

あ、最低限「I want ○○.」とか「I don’t like ○○.」みたいな、簡単な英語でも自分の意思を表現できるようにはしておきましょうね!

ほい、以上!
外国人とのシェアハウスについて拙者が思ったことを書いてみました〜

それでは皆さん、Enjoy Life in Canada☆

・・・あ、そう言えば軽く国籍に関わるトラブルみたいのもあった↓
第二次世界大戦と今のドイツ人|他国の歴史を笑いのネタにするなかれ!

自国の歴史を気にしてる方もいるので気をつけましょう。

余談:インターナショナルな家に住んでました

うちのシェア状況について〜

1軒目バンクーバー(3ヶ月間)

1階組←会うのは週に1回洗濯機を借りる時くらい
・イタリア人(女の子)
・ドイツ人とベルギー人のカップル

2階組み
・ブラジル人(26歳:留学生)←彼と1室をシェアしてました
・トルコ人(22歳:留学生→ワーホリ切り替え)
・ドイツ人カップル(26歳:ワーホリ)

インターナショナル冷蔵庫の写真

2軒目ビクトリア(5ヶ月間)

1階組
・カナダ人×2人(20代前半:ラグビーカナダ代表)
・スーダン人×1人(30代?:移民 + 友達も2人くらい一緒に暮らしてる(笑))
(二軒目では拙者は個室に住んでます)

2階組←玄関で時々会うくらいだけどしょっちゅうホームパーティやってて騒音が凄い
・カナダ人×4人(地元大学生)

インターナショナル生活はとても刺激的でした〜♪

ラグビーカナダ代表ライリーとカイルの写真

何故おすまし顔(笑)

関連記事(一部広告含む)



Pocket

3 thoughts on “ワーホリカナダで気づいた外国人シェアハウスのデメリット!

  • 2016-01-31 at 14:19
    Permalink

    ねえ、私何度かコメントしてるけど反映されてないよね!笑

    • 2016-02-01 at 01:57
      Permalink

      久しぶり!
      え、スパムにすら入ってないよ!笑
      違う人のブログじゃない?笑笑

    • 2016-02-18 at 05:07
      Permalink

      承認してから反映されます!
      だから全部反映されてます!
      ちゃんと確認して!笑

Comments are closed.