違いはこれ。不労所得年収1000万円の人とサービス残業してる人

Pocket

「毎日遊んでても年収1000万円の人」と「やりたくもないサービス残業をしてる人」の違いを・・・

年収2万円の僕が考えてみた。

その違いは、毎日遊んでても年収が1000万円になるように行動したかしてないか〜

そのまんま(笑)

でも、お金を稼ぐ手段を考えることは誰にだってできると思うんですよね〜

こんなお金の稼ぎ方もある

「シェアハウス運営」

シェアハウスとは文字通り「一つの家を複数人でシェア(家賃を割り勘)して一緒に生活する」、近年日本でも珍しくなくなってきた生活スタイルのこと。

詳しく書いてみました↓
外国人シェアハウスで国際交流生活を選んだ理由。魅力を説明しよう!

実はこれ、ただ家賃を入居者達と割り勘するだけでなく、利益を得ることを目的として運営することも可能なんです〜

カナダドル紙幣の写真

こないだはシェアハウス関連の企業が相手でしたが、今回はシェアハウスのオーナーとカナダでのシェアハウス運営に関する話をしてきました(^^)

そのオーナーとの話を終えて一人になった時、家賃の計算してみたり(なんと嫌らしい(笑))話を振り返っていて思ったことがある。

「あ、僕もカナダでシェアハウス運営しよう」

説明しよう!

3500万円の家(個室が7部屋)を例に、簡単に説明してみますね〜
(これはカナダ人の知り合いが、実際に運営しているシェアハウスについてです)

最初に1000万円用意して、銀行でローンを組んで10年間で返済できるプランを組みます。

かわいい家の写真

そしたら毎月のローン支払いを、入居者達からの賃貸料で返済できるよう賃料を設定する。

利息や光熱費とか、細かいことは無視で計算すると。。。

3500万 ÷ 10年 = 350万/年
350万 ÷ 12ヶ月 = 29万/月

29万 ÷ 7人 = 家賃月4万円/1人

これでローン返済の、実質自己負担額は0円になります。

まあデカい一軒家の個室が月4万円なら格安なので、実際はもっと高く設定できると思いますが〜

マージさんの家のキッチンの写真

気になる運営方法はこちら↓

1、家を買う。

2、入居者を募集する。

3、放置。

10年後にローン完済(自己負担額0)。
それ以降の賃貸料は、毎月自分の収入になります。

1軒につき毎月約30万~40万円前後が回収可能。

家の管理を誰かに任せれば、自分は昼からお酒を飲んでいても、世界中を旅行していても、勝手に収入が入り続けます。



何この夢のような仕組みぃぃぃぃぃいい

カナダにはシェアハウスを何軒も持っているオーナーがいるんですが、理由がよくわかりました。

3軒用意すれば、ほったらかしてても毎月100万円が入る仕組みができちゃうわけです〜
働いてないのに年収が1000万を超えちゃってます〜

スポンサーリンク

軽く余談:工夫は必要

シェアハウス運営は仕組みがとてもシンプルですので、初期費用さえ用意できれば誰でも始めることができます。
難しいマネジメントの知識は必要ありません。

でも「入居者が絶えないようにする工夫」は必要だとは思います。

例えば。。。

・明るい空間作り

・変な人が入らないよう入居審査をしっかりする

・入居者としっかりコミュニケーションを取り、オーナーの人柄の良さで口コミが広がるようにする

などなど。

クリスマスの食卓の写真

ちなみに、気を付けなければいけないことは色々あると思いますが、僕なら特に「オーナーの人柄」に重点をおきます。

他の家と一番違いを出しやすいのが、オーナー(自分)の存在ですから〜
ていうか住みやすい環境作りなんて、運営者なら誰でもやりますもんね!

こちらは僕の家のオーナー☆

ビクトリアのシェアハウス家族の写真

空いた時間に話もしてくれるし、とてもアットホームであたたかいシェアハウス♪

もちろんシェアハウスのオーナーの中にはビジネス目的じゃなくて、こういう和やかな環境づくりを目的としている方もいます(*´▽`*)

要点はこれ

この記事で僕が言いたいのは

工夫をすれば、誰にでも大金を稼ぐチャンスがあるということ〜

年収1000万円の人は、年収が1000万円になるように行動した人だけってこと〜

それと、僕はシェアハウスに限った話をしている訳ではありません。
初期費用1000万円なんて誰がポンと用意できるんじゃ!って感じですもん。

だから僕は今の自分ができる範囲のことから考えていきます。
それを達成したら次は100万、次は500万、と言った具合に成長させていきます(^^)

まずは初期費用1万円のブログかな〜

興味のある方はよかったら〜↓
僕が運営してる旅行ブログの主なお金の稼ぎ方を紹介します〜

まとめ

シェアハウスを運営してる人の中には「働いてないのに年収1000万円を超えている人」がいた。

このことから、工夫をすればお金を簡単に稼ぐことができるってことを学びました。

とはいえ、いきなり初期費用1000万円なんて用意できないですし、僕は自分のできる範囲のことからコツコツ始めていくことにしました(^^)

お金を稼ぐ手段を「考えること」に、学歴や資格は関係ありません☆
必要なことは、本人のやる気ですよね〜

年収が1000万円を超えているのは、そうなるように行動した人だけ。

以上!
僕の思う、お金を楽に稼いでる人と無給で過酷な労働をする人の違いは、「お金を楽に稼ぐために行動したかしてないか」でした〜

お金について僕が思うこと↓
30歳までにやるべきこと|平均年収気にして転職する前にやることあるよ

今はなんでもうまくいく時代みたいですよ〜↓
正しい生き方なんて無いよ|どんな道を選んでもうまくいく理由

学歴社会は終わったよ!今は人間的魅力が求められる時代だから自分を磨きましょう。

関連記事(一部広告含む)



Pocket