絶景イエルベ・エル・アグア☆白い崖っぷちで泳ぎなはれ!

Pocket

メキシコ・オアハカからローカルバスで行くオススメ日帰り観光旅行~
石化した滝が見られるという秘境へ~

オアハカ滞在4日目の日記。

行き方と道中の素敵な景色はこちら↓
秘境イエルベ・エル・アグアへのバスでの行き方

Hierve el Agua

イエルベ・エル・アグアは「沸騰した水」という意味。

ミネラル分を多く含んだ水が湧きだしていて、その特別な水が白く美しい自然の情景を創りだしている。

ちなみにここにはCascada ChicaとCascada Grandeと呼ばれる2つの観光ポイントがある。
“cascada”は「滝」、”chica”は「小さな」で”grande”は「大きな」という意味。

観光客の間では「石化した滝」とも呼ばれているが、その由縁については日記後編でお伝えしよう、そうしよう。

英語あんま話せないんよ

観光前日に宿が同じだったオーストラリア人ご夫婦に「一緒に観光しないか」と誘われ、せっかくなのでご一緒させてもらうことに~
「英語全然話せないよ」って言ったけど「そんなの関係ないぜ」と言ってくれたので、じゃあもう沈黙の気まずい時間が出来ても拙者の責任では無いな。笑

観光当日の朝、ドミトリー(相部屋)で同じ部屋に泊まっていたイギリス人男性が「あの夫婦とどっか行くの?」と聞いてきたので、イエルベ・エル・アグアに行くことを伝えたら、一緒に行きたいとのことで4人で向かうことに~

メキシコオアハカの安宿で出会った人々の写真

その結果、イギリス人のアルフィーが参加してくれたのは拙者にとって本当に助かることだった。
拙者が話をしなくても、アルフィーが話好きなのでご夫婦の相手をしてくれたから。笑

ネイティブ英語はなんとな~~~く理解出来るくらいのレベル(以下)だが、スピーキングはもっとボロッボロだからね、拙者。

道中のバスからの景色~

Hierve el Aguaまでのバスからの眺めの写真

バスをミトラという小さな町で下車し、相乗りトラックに乗り換えました。

こんなのどかな山道をトラックの荷台に揺られて走ってゆきます。

Hierve el Aguaまでの相乗りトラックからの眺めの写真

グワングワン揺れた。

デンジャラスなプールCascada Chica

移動はトータルで2時間くらいだったかな。
着きました~

イエルベ・エル・アグア到着の写真

果物のフレッシュジュース屋さんや軽食屋さんがいくつか並んでいた。

さあここから歩いて、まずはじめに目指す観光スポットはCascada Chica(小さな滝)でございます。

11月中旬現在・・・

う~ん

日差しが強い!
暑い!汗かく!

あ、道中の写真撮り忘れちゃった~

とりあえず周りの景色はこんな感じ。

イエルベ・エル・アグアからの景色の写真

う・・・

美しい。

サボテンもいっぱい生えてたよ。

イエルベ・エル・アグアのサボテンの写真

メキシコらしいね。

そして歩くこと5分…10分?

白く美しい天然プール



だけどデンジャラスなCascada Chica到着~

イエルベ・エル・アグアの天然プールの写真

わあ~観光客結構いるけど、景色的には秘境感ある~

皆さん気持ち良さそうに泳いでます♪
・・・暑かったからね(;´_ゝ`)

イエルベ・エル・アグアの天然プールで泳ぐ人の写真

入水料はかからないので、泳ぎたい人は水着とタオルを持参しましょう(^^)/
景色は綺麗でも、水はあんまり綺麗じゃなさそうだったけど。

この水は炭酸カルシウムとミネラルを多く含んでるから温泉みたいに体に良い・・・ような響きではあるが真相は知らない。笑
お肌への影響が気になる方は温泉博士にでも聞いてみてください。

プールの近くに更衣室もあるみたいだったよ!
拙者は中を見てないけど、アルフィーがここで着替えてたからたぶん更衣室。笑

イエルベ・エル・アグアのプール更衣室の写真

さてさて

この平和そうなプールの何がデンジャラスなのかって?

ふふ、それはだね



プールサイドが崖っぷちだからさ!

でで~ん

イエルベ・エル・アグアの天然プール全体像の写真

地面は水で濡れているし滑りやすいから、端っこに立って写真撮影する時は充分に気をつけてねー
それが人生最後の記念撮影にならないようにな(´_ゝ`)白地に赤は目立ちそうだ

スポンサーリンク

プールの周りはこんな感じ

イエルベ・エル・アグアがあるこの場所では炭酸カルシウム、ミネラル濃度の高い水が湧き出ている。
これは洞窟で鍾乳石を創り上げている水の成分と酷似しているそうだ。

イエルベ・エル・アグアの湧き水の写真

その水が岩を溶かしながら流れ、そして再度固まりこのような白く美しい岩地を創り上げた。

トルコのパムッカレを思い出した。
・・・規模も見た目も違けりゃ、行ったことすら無いがな。

パムッカレのようなイエルベ・エル・アグアの地面の写真

イエルベ・エル・アグアの地形の写真

「天然プール」って皆言ってるけど、たぶん天然なのはその「水」と「白い岩」であって、プール自体は人口的に作られたんだと思う。
英語版Wiki読んだ感じはね。

イエルベ・エル・アグアとは日本語で「沸騰した水」という意味。
個人的には、お米を鍋炊きして沸騰した時に、白い泡と共に水が吹きこぼれる様子に、この景色がよく似ていると思った。

ここで泳ぐ人は言うなれば米。

ツヤツヤでフレッシュな米じゃなくて、沸騰した鍋の中でもがき苦しむ米、ね。

こんな虫たちもプールに遊びに来ていたよ♪

イエルベ・エル・アグアの天然プールにいた虫の写真

見た目が気持ち悪い。

アルフィーはここでこの虫たちと泳いでいく、とのことだったでの拙者はオーストラリア人ご夫婦と共に「Cascada Grande(大きな滝)」を目指します。

日記が長くなったので今日はここまで。
次回はここが「石化した滝」とも言われる素敵な由縁をご紹介しちゃうぜ!

ついにその姿を現した!↓
え?滝が石化!?オアハカの秘境イエルベ・エル・アグア観光☆

また明日も読みに来てね~(^^)ほんじゃ、Bye

スポンサーリンク

Pocket