歩くだけで面白い!キューバのハバナは町全体が観光スポットでした〜

Pocket

キューバは社会主義なのに、人々は全然平等じゃなくて超格差社会でした。

ハバナでは、狭い範囲に「人々の違い(身なりや目の輝き、仕事意欲等)」とか「金銭的に見る格差」が凝縮されているので、町歩きだけでもとても楽しめました〜☆

商売に目覚めた結果・・・

2010年に自営規制が緩和されてから、キューバでは個人事業主が増えています。
(自営規制緩和ってのは、簡単に言うと「自営業してもいいよ」って国がOKサインを出したってこと)

だからお金を稼ごうと、しっかり働く人をよく見かけました。
レストランやタクシーの客引きがいて、施設の清潔さや快適さが上がっていく〜

国全体で観光客を迎え入れるようになったので、町(観光地区)も綺麗になっていきます〜☆

キューバ・ハバナのクラシックカーと綺麗な町の写真

でも、そんな発展していく観光地区がある一方、それについていかない(ついていけない?)他の地区や人々もいます。

社会主義と聞くと「平等な社会を目指す体制」というイメージだけど、2017年のキューバは全然平等社会じゃないし社会主義も限界を迎えてるのかなって思いました。

日本の資本主義とはまったく違う世界なので、キューバ旅行の際はぜひぜひ、そういうところにも注目してみてくださいませ〜♪

スポンサーリンク

ハバナは2つに分けられる

他の記事でも紹介しましたが、ハバナにあるEl Capitolioっていう施設より東か西かで雰囲気が全然違います〜

僕個人の主観ですが、El Capitolioの東側は「社会主義崩壊後のキューバ」西側は「社会主義の名残」みたいな。

発展している東側には、オビスポ通りという観光スポットがあります。
その周辺は綺麗なお店がたくさんあって旅行客も多い☆

ツーリスト向けレストランではキューバ音楽の生ライブをやってたりもするし、全体的に商売っ気があるので賑わっています♪

キューバ・ハバナのストリート生ライブの写真

一方の、El Capitolioの西側は主に住宅地なんですが、一瞬スラムかと錯覚しそうになる感じ。
結構汚かったです。

一応住民向けで安価な食べ物屋さんやスーパーなどもありますが、商売のやる気はあまり感じられませんでした。。。
(接客の仕方とか、お店全体の雰囲気において)

差が激しい

El Capitolioの東西を歩いて思ったのが「全然平等社会じゃないし、(売ってる物の値段とかを見ても)貧富の差はどんどん開く一方だろうな」ってこと〜

「一個50円くらいの、ハンバーガーやチャーハンを売ってるお店(もちろん従業員は一人じゃない)」と、「真っ直ぐな道をタクシーで5時間運転するだけで、1万円以上稼いでる人」がいました。

ちなみにキューバ人の2012年の平均月収は約2000円らしいです・・・ホントかな〜?

こちらはツーリスト向けレストランのご飯ドリンクセット700円↓

キューバの700円ご飯ドリンクセットの写真

こっちは大衆食堂のご飯ドリンクセット100円↓

キューバの100円ご飯ドリンクセットの写真

大衆食堂の豚の角煮(?)とか50円のチャーハンはとても美味しくて、何度も食べてました♪

ハバナがオススメな理由

僕はキューバに3週間滞在しましたが、ハバナとトリニダーしか行ってないので他の町のことは知らないんですけど、人々の仕事意欲や貧富の差とかを見て回りたいならハバナがオススメです☆

El Capitolioの東西わずか1km歩くだけでも、その差をヒシヒシと感じることができるからです〜

「社会主義の名残」と「それが崩壊していく様子」、この両方が1箇所にギュッと凝縮された感じが僕にはたまりませんでした。

Before and After的な。

昔のキューバ(社会主義の名残)の写真

and…

現在のキューバ(社会主義崩壊後)の写真

写真加工して差を引き出してるけど(笑)

2箇所の町並みの違いはこちら↓
新時代の幕開け!変わりゆくキューバ・ハバナの観光地区を歩いてみよう!

キューバ旅行|見た目ほど治安は悪くないからハバナの住宅地もぜひ〜

ちなみにトリニダーでは「ハバナが商売に目覚め始めた、初期の様子がこんな感じだったのかな〜」なんてことを思いました。
ジワジワと観光地化が進み、人々が仕事に力を入れ始めているところが〜

トリニダー日記↓
商売人目線で見るキューバのトリニダーは活気が全然無い!

だからハバナとトリニダーの両方を見に行って良かったな、と個人的には思います(^^)

余談:目標を持つことは日常の充実に繋がりそう

「お金稼ぎ(仕事意欲)が有るか無いかだけで、人々の様子にこんなにも差が出る」ってことを間近で見れて面白かったです〜

目的や目標を持つかどうかで、毎日をどう過ごすかとか、日々の充実度にも差が出てくるってことなんかな?

まとめ:2017年はハバナ散歩が超楽しい

僕は社会主義国がどんな国なのかってのを見てみたくて、キューバに渡航してみました。

3週間、ほとんど観光せずにハバナとトリニダーでのんびり過ごしながら、人々や町の様子を見た結果、
「キューバの社会主義体制のもとでは、人々は全然平等じゃなくて超格差社会なんじゃないの?」という疑問を抱いた。
(ていうか、もはや資本主義状態なのでは・・・?)

それを直接目で見たり感じることができるので、ハバナ観光がとってもオススメです☆
狭い範囲に「人々の違い(身なりや目の輝き、仕事意欲等)」や「金銭的に見る格差」が凝縮されているので〜

そういうわけで。。。

2017年のキューバは、社会主義が今まさに崩れていく瞬間を味わうことができるおもしろい場所でしたよっと!

こんな記事もあるよ↓
チップ制度|キューバに行ったらカナダの接客クオリティが高い理由がわかった

以上!
人々の雰囲気や仕事をする姿勢の観察に焦点を当てて散歩したらかなり楽しめたキューバ旅行記でした〜

観光スポット巡りがお好きな方も、キューバにお越しの際はぜひこういう部分も見て回ってくださいませ〜

関連記事(一部広告含む)



Pocket