世界一周中は食事(栄養)に気を付けよう!メキシコ入って体調変化あり。

Pocket

そろそろ本格的に野菜生活しないと肉汁王子になってしまいそう。

髪の毛の様子がおかしい。

拙者はシャンプーとか使うと、頭皮が化合物と反応して(?)おじさん臭くなるから、旅に関係なく髪を洗う際にはシャンプーもリンスも使っていない。
(頭皮が臭うのは、シャンプー使うと余計に脂の分泌が増えるのが原因かも)

これまで何年もシャンプーなしで何の問題もなかったのだが、メキシコに入って2週間経った今変化が起きている。

髪がベットベト・・・

メキシコ滞在ベトベトの髪の毛の写真

シャワーを浴びる頻度、湯温は変わっていない。
考えられる要因としては、気候・水質の変化、食生活の変化。

乾燥した空気の土地だと自然と頭皮が皮脂の分泌を増やすらしい。
水質の変化に関しては、メキシコの水情報があまり出てこないので何とも言えないが。

食生活が原因だとしたら、間違いなくタコスの食べ過ぎ。笑
そして野菜不足。

脂肪分たっぷりなタコス

メキシコに入ってから英語が全然通じないし、スペイン語が全然話せない(読めない)こともあり、屋台飯(主にタコスやトルタス)でご飯を済ませることが増えた。
屋台なら指さしで物を頼むことが出来るからだ。
・・・ちゃんとしたレストランにはサラダとかあるけど高いから入りたくない。笑

下の写真のように数種類のお肉を提供している屋台では、食べたいお肉を指させばサッと火を通してトルティーヤに乗せてくれる。

メキシコシティのタコス屋

その結果、拙者が摂取する栄養素は動物性のたんぱく質と脂質、炭水化物が圧倒的に増えた。

旅中は基本的に自炊するんだけど、11泊したメキシコシティを出てプエブラに着いてからは、スーパーマーケットや野菜市場が見つからずプエブラ滞在5日間の食事のほとんどをタコス(しかも肉は脂っぽい部分)で済ませていた。
(メキシコシティでも1日1回はタコスを食べた)

メキシコのタコスは基本的にトルティーヤと呼ばれるトウモロコシの粉で作られた生地で、牛・豚・鳥肉を包んだだけのシンプルな物が多い。
炒めたタマネギや香草を少量ふりかけてくれるお店もある。
肉の質はお店にもよるが、脂身を多く使う店は少なくない。

メキシコシティのタコスの写真

そしてプエブラ生活2日目(メキシコ滞在13日目)くらいに自分の髪の変化に気付き始め、5日目にはシャワーを浴びた後でも全然脂分が落ちなくなるほどに。。。

栄養バランスの偏りで頭皮の脂の分泌量が過剰になってしまうことってあるのかな?

旅中の食生活を改善します

結局髪がベトベトになった原因は、気候や水質の変化なのか食生活の変化なのかはわからない。
空気が悪いせいってのも無きにしもあらず? 塵ほこりや排ガスが多く舞っているとか・・・

でも理由が何であれ、ぼちぼち食生活を改めなきゃな~っと思う良いキッカケになったかな。

プエブラから移動してきたここオアハカには幸い野菜市場っぽいのがあったし。
野菜や果物も食べないと体調崩れちゃうものね。

てことで、さっき散歩してたら果物&野菜パック売ってる屋台をみかけたので、とりあえず果物の詰め合わせを買っといた。

メキシコの果物、野菜屋台の写真

2,3回に分けて食べれる程のボリュームで18ペソ(約100円)。
市場で買うよりは遥かに割高だけど、複数の果物を手早く食べれるので良しとしよう。

以上!
日本を離れて1年2ヶ月で表れた体調の変化についてでした!
また何か変化があったら報告いたします。

長期旅行される方は旅中の食生活にはお気を付けくださいませ~
料金の高いレストランを避けて節約したい人には、自炊はマジでオススメです。
当然鬼安上がりだし、選ぶ食材によっては栄養バランスが現地料理より遥かに良いよ(^^)/

お料理初心者にはインスタントラーメンを使った簡単自炊がオススメ☆
料理の腕も上達!世界一周中に節約自炊に挑戦してみよう!

ちなみに宿のシャワー室にあったボディソープ(?)で髪を洗ったら、ひとまずベトベトは解消できました。



Pocket