英語話せない人でもカナダでワーホリできるから英会話が上達しないんです

Pocket

ワーホリ前の人で時々いるのが。。。

正しくは「カナダで英会話を練習すれば英語が上達する」ってところを、
「カナダで生活すれば英語を話せるようになる」だと勘違いしてる人。

で、現地に行ってから少しずつ英語に慣れていこうと渡航前に勉強をせず、最初は現地の日本語コミュニティに身を置きながら英語の勉強をして、
半年くらい経ってから「さあ会話に挑戦してみよう!」と、外に出てみたら会話が難しすぎて挫折。

英語が伸びない理由

バンクーバーで生活してみて思うのは
「ワーホリで仕事して生活するだけなら、英語は話せなくても問題ない」ってことです。

ワーホリレベルの日常生活において英会話が必要になることなんて、ほとんどありませんでした。

だから、自分で積極的に英会話の練習をする機会を作らなかったせいで、会話力の伸びがほぼゼロのままで帰国する人がいるんです。

英会話ってのは、実際に英会話をしないと身につきませんから〜

バンクーバー生活に必要な英語

ワーホリ生活と英語の関係について書いてみます〜

ビクトリアの日曜マーケットの写真
(写真はビクトリア)

公的っぽい何か編

SINナンバー取得

とりあえずサービスセンター行って「I want to get SIN number.」とか言った気がする。

ほんで「カナダは初めて?」とか「双子?母の旧姓は?」みたいな簡単な質問を受けておしまいでした。
自分もあんまり英語は得意ではないけど、難しいことは特に無かったよ!

※SINナンバーは税金の管理等に必要になるので、カナダで合法的に働くには必須です

銀行口座開設

バンクーバーの銀行の日本語窓口に行ったので、英語は一切使ってません(笑)

※追記
ビクトリアに引っ越してから英語窓口で口座開設しました↓
ワーホリカナダ|英語窓口で銀行口座開設した時の流れ

携帯電話契約

スマホとカナダの携帯の写真

バンクーバーの携帯ショップの日本語窓口に行ったので、英語一切は使ってません(笑)(笑)

こんな記事もあるよ↓
留学・ワーホリ携帯電話契約方法は月額プランよりプリペイドが断然安かった

TAXリターン(年末調整)

まだ体験してないので詳しいことはわかりませんが、
手続きを代行してくれる日本語窓口がたくさんあります。

家探し

拙者は英語のサイトを使ったので、オーナーとのやりとりも含めすべて英語でした。

難しい言葉はほとんど使わなかったけど、自分の意志を簡単にでも良いので英語で表現できる方が良いです。
「家賃の他に支払うものはあるか?」とか「自分が家を出る時に次の人を見つける必要があるか?」とか〜

超簡単!エージェントなしでカナダの家探し(シェアハウス)してみた。

でも、日本語の家探しサイトもいくつかあるので、そこで探せば日本語で契約まで済ませられます〜

スポンサーリンク

私生活編

買い物に行く時に「メンバーズカード持ってる?」とか「ビニール袋必要?」「年齢確認できるID見せて」って聞かれるくらい。

あとはほっとんど話す機会がありません。マジで(笑)

みんなで記念写真

シェアハウスでは4国籍で住んでいるので、全員英語でやりとりしてます。

でも、どれくらいルームメイト達と話すかは、人それぞれだと思います。
話したくなければ部屋にこもればいいし、話したいのならリビングにいればいいので〜

シェアハウスが多国籍でもI want~とかI don’t like~程度が言えれば、後は電子辞書使ってなんとかなりますよ!
ていうか彼らとビジネスする訳じゃないから、英語が出来なくても問題なしなのだ〜(*´з`)リラックス♪

シェアハウス関連の記事もあります〜↓
留学・ワーホリならオススメはホームステイよりシェアハウス!

シェアハウスするならネイティブと?外国人留学生と? -体験談-

ちなみに拙者は英会話の練習が目的でカナダに来ているので多国籍シェアハウスを選びましたが、日本人だけでシェアしたり、もしくはアパート等個室で一人暮らしも可能です。

仕事編

カナダ人経営のレストランで皿洗い

英語が必須なのは最初に仕事の説明をされる時くらいで、あとはシェフたちとの私語だけです(笑)
(皿洗い以外を頼まれて、内容が理解できなかった時はジェスチャー交えてくれたから問題なし)

皿洗い体験記はこちら↓
ワーホリカナダの仕事、皿洗いなんて辞めてやる!給料が割に合わない!

外国人(ベトナム人)経営の日本食レストランでウェイター

お客さんからの注文、要望、厨房とのやりとりなど、
すべて英語なので正直に言うと、英会話ビギナーの方には難しいと思います。

体験記はこちら↓
外国人経営の日本食レストランで働いて英語の勉強をした成果とは!!

働いたことはないけど、日本人経営のお店で働いたらそこまで高度な英語力は求められないんじゃないかな?
注文取るだけなら全然難しくないです。

ただ、時々お客から細かい要望を求められると思うんだけど、その時は誰か英語が得意な人の助けが必要になるかと。

機会は自分で作るしかない

てなわけで、分野?ごとに書いてみましたが、最初に言った通り
カナダでただ生活するだけなら、英語を話す機会はほとんどありません。

英会話が必要になるのは、到着直後のちょっとした手続きくらいです。

だから「カナダで生活すれば英語を話せるようになる」と勘違いしてる人の中で、大した成果を得られずワーホリを終える人がいるんです。

アイスとカナダ国旗の写真

先生やいろんな国の生徒と出会える語学学校と違って、ワーホリでは日本人以外の人と英語で交流する機会は、自分で作っていくしかないんです。

まとめ

一言でワーホリと言っても、英語の必要性はそれぞれの生活スタイルによる。

カナダ(バンクーバー)にただ住むってだけなら、ほっとんど英語を話さないで生活することは可能。

だから自分で英語を話す機会を作らなかったせいで、英会話が伸びないまま帰国する人がいる。

でも逆を言えば。。。
「ワーホリしてみたいけど英語が苦手だから私には無理かな・・・」なんて思っている人でも気軽に始めることができます☆

積極的に英語で人との関わりを持てるなら、語学学校に通わなくても充分英会話が上達します〜♪
むしろ「語学学校に行きさえすれば英語を話せるようになる」と勘違いしてる留学生よりも、はるかに上達しますよ!笑

一度きりの人生ですよ〜
やりたいことはガンガン挑戦して楽しみましょー(^^)

以上!
ワーホリでバンクーバーに住んだけど、生活するだけなら全然英語必要なかったよ日記でした〜

滞在費についてはこちら↓
カナダワーキングホリデー最低費用(生活費)を実体験から考えてみた

それでは皆さん、自分の目的、英語力に合わせた生活スタイルを選んで、存分に海外ライフを楽しんでくださいませ~☆

関連記事(一部広告含む)



Pocket