仕事も英語の勉強もしなかったおかげでワーホリが最高に充実した。

Pocket

渡航前、ワーキングホリデーは現地で働きながら英語を勉強するプログラムだと思っていたし、ガッツリ1年勉強するためにカナダに飛んできた。

しかし実際には1年間を有意義なものに出来たのは

「仕事も英語の勉強もしなかったおかげ」だった。

ワーホリって何だろう?

ワーホリビザって、海外で働くことが許されるビザのこと。
ワーホリ自体「ワーキング」って名前が付いているくらいだし、自分にとっては「海外に働きに行くプログラム」というイメージが強かった。

でも今は「ただの長期滞在用のプログラム」というイメージに変わった。
ビザの「ホリデー」の部分がメインになった感じかな。
ワーキングについては、その間に「海外のお店で働きたいなら働いてもいいよ」くらいのおまけ的な〜

何をしたって良いんよね

ワーホリのお手本のような過ごし方

・・・そんなの無いよね。

そもそも渡航目的が人それぞれ違うんだもの。

強いてお手本を言うなら「その目的に合った過ごし方をする」かな。
まあ拙者がそうだった様に目的も途中で変わることがあるから、これもイマイチか。

う〜ん・・・

「滞在中にやりたいことをやる」

これが一番シックリくるね!

ヴィクトリアの勉強机の写真

拙者はただの引きこもり。

所詮バイトはバイト

飲食とかスーパーのレジとか、まあごく一般的なワーホリのアルバイト(パートタイムジョブ)って、その経験自体はただのアルバイト経験にしかならない。
完全英語環境のローカルのレストランで働こうが日本食レストランで働こうが、所詮アルバイト。

ワーホリの仕事なんて所詮アルバイト。お金以外に得られること、ある?

ローカルジョブに就けるほど英語が出来るようになった!ってことは拙者から見たら凄いけど、海外に出てなくても英語ペラペラな日本人はたくさんいる。

大切なのは・・・

ワーホリで大事なのは、現地で仕事をして何を感じて、そこから何を得るのか。
仕事に限らず、日本とまったく違う国に住んで何を学んだのか。

要は・・・

渡航前と渡航後の自分の何が変わった(得た)のかが最も大切なこと。
ワーホリ中に何をしてきたか、その経験自体は重要じゃない。

カナダPrideパレードカラフル国旗の写真

だから仕事も英語の勉強もしないで

「自分がやりたいことだけに集中して取り組んできたおかげ」

で、拙者のワーホリは最高に充実したものになった。

拙者のワーホリ

1、バンクーバーで3ヶ月半外国人経営のレストランでウェイター

2、ドイツ人カップル+日本人の友達1人とアメリカ周遊1ヶ月

3、ビクトリアで6ヶ月半引きこもり
→この間に「お金は働いて得るもの」という、これまで自分が持っていた自分の中の常識から外れる。

自分のやりたいことを生きている内にやり尽くすためには「お金」と「自由な時間」が必要であり、その両方を同時に得るには「働かないでもお金が手に入るシステム」が必要だと考えました。
そしてそれを自ら作れば良いのだと気づき、覚醒して起業に目覚める(笑)

以降、毎日デスクワーク(この時点での主はブロギング)を行う。

4、ワーホリを終え、世界を自由気ままに旅しながら起業の準備中。 ←今ここ
→システムの主軸をどうするかとか、イメージや構成がだいぶ固まってきたよ!
あとは自分がやるべき事を淡々とこなしていけば、そう遠くない将来にそれは出来上がるなり~♪

死者の日のメキシコシティソカロの写真

このちょっと変わった(?)発想に至った要因は、他でもないワーホリのおかげ。

これまで持っていた自分の常識(日本の生活)の外へ飛び出すことで、自分の常識は自分の周り以外では通用しないことに気付かされた。
それをキッカケに、お金を稼ぐため(生きるため)だけにやりたくない仕事をする必要は無い、そしてやりたいことはなんだってやっても良い、夢があるなら自ら実現させれば良いという柔軟な考え方が出来る人間になれたのでござる。

まとめ:好きなことに全力で取り組めばいい

ワーキングホリデーで最も大切なことは、その経験から「自分が何を得るか」である。
海外に住むのに、アルバイト経験と英会話力を身に付けるだけで終わるのはもったいない。

また経験の中身はさほど重要ではない。
プログラムの名前と中身から海外で仕事をするというイメージが強いけど、仕事(勉強)をしなくたって有意義に過ごし自分を成長させるチャンスは十分にある。

自分が本当にやりたいことをやればいい。

これが拙者のワーキングホリデー。

ワーホリ1年は1秒も無駄にならなかった|カナダ生活振り返り

以上!

後悔したくない人はこちらをどうぞ↓
ワーホリで絶対失敗しない方法はあります。

拙者はワーホリを終えたら「何にでも挑戦出来る自由な人間」になってましたとさ。

スポンサーリンク

Pocket