愚痴や悪口、弱音を発するのは自分の気持ち(価値)を下げるだけ。

Pocket

「最近あいつ調子乗りすぎじゃね?」

「会社に超キモイ部長がいてさー・・・どう思う?ウザくない?」

腹を立てながらそんなことを話したり考えている間も、相手は家族や恋人、友達と楽しい時間を過ごしています。
相手に何が起こるわけでも無いのに嫌いな人のことをわざわざ考えて、自分の貴重な時間を不快に過ごしてしまうなんてもったいない!

ネガティブな発言にはメリットが全く無い

悪口や愚痴、暴言は自分に他人を寄せ付けなくする効果(デメリット)はあるけど、メリットになることはほとんどありません。

大抵、それを聞いた相手の気分(と、自分自身の気分)を悪くするだけなので、つまりそれは他人から見た自分の価値を下げることに繋がります。

超つまんねぇと言ってる写真

弱音もそうです。

「私には夢があるんだけど、そのためのスキルもコミュニケーション力もないから叶えることが出来ないのよね・・・」

話した相手に、そんな人間だと思われるだけで特にメリットは無い・・・というか自ら自分の価値を下げてしまってます(;´`)もったいない

だって、こうでしょう?

誰かに悪口や愚痴を聞かされてる時に気分が良くなることって、ほとんどないですよね!

居酒屋で隣の席のグループが大きな声で愚痴を延々と話していたら、こっちのお酒まで美味しくなくなっちゃいます。
もしもそれが近所のお店の店員達だったら、そのお店にはもう行きたくなくなっちゃうかもね。

それと!
心の中に溜まった事を吐き出してスッキリすることもあるけど、場合によってはストレスを吐き出してるはずの自分自身も、その出来事を思い出して気分が悪くなってることがありませんか?

てなわけで

悪口を言ってもそれを聞かされた人に「悪口を言う嫌な人」と思われるだけなので、自分にとってプラスになることがありません。

スポンサーリンク

でも捉え方や言い方次第で!

そうは言っても、避けることが出来ない嫌な出来事はあるし、それを誰にも話さず自分の中にそれが蓄積されていくのは辛い。。。
そんな時に有効なのは、それを「教訓」だとか「自分を知る良い機会になった」等とポジティブに捉えること!

例えば、他人に嫌なことをされてしまった時は

「自分はそれをしないようにしよう、良い勉強になった」
「相手は心身共に辛い状況だからあんな行動を取ったのか。疲れてるんだな、優しくしてあげよう」

てな感じで捉えると、自分の気持ちが少し楽になると思います。

アルゼンチン・ペリトモレノ氷河の写真
アルゼンチン|ペリト・モレノ氷河

続いて弱音に関して。

「パソコンの知識とか全然ないんだけど、私はこんなことをやろうと思ってるんだよねー♪」
「皆を笑顔にする企画を考えてるんだけど、どう?楽しそうじゃない(^^)?」

実は記事冒頭で挙げた弱音の例と、内容は似ているんだけど(夢はあるけどまだ実現できていないと言う意味で)、人への伝え方が全く違います。
こんな感じで楽し気に話していると、相手がそれに協力してくれたり、必要なスキルを持った人を紹介してもらえる確率がグンと上がります。

どんなことも捉え方次第なんです〜

関連記事↓
幸せと不幸せどちらを選ぶ?全ての出来事は二択!考え方で人生を変える☆

余談1:ネガティブ思考を排除すると・・・

人が一番輝けるのはもちろん心が健康な時です☆

そんな状態でいる時は、自分の周りにいる人達の気分まで良くすることが出来ます。
イキイキしてる人と一緒にいると自分まで楽し気な気分になってくるでしょ(^^)?

アーグラの大衆食堂にて地元の人達と撮った写真

だから、物事をポジティブに捉えて心を健康に保っていると、自分だけでなくその周りの人達まで幸せにすることが出来ちゃいます♪

ストレスの解消方法

拙者の発散方法をいくつか書いてみるね〜
言われなくてもわかるような極普通なやり方もあるけど(笑)

・人に優しくする
すると、相手も自分に優しくしてくれる(癒してくれる)ので〜(*´`)ありがたや♪

・相性の良くないコミュニティからは離れる
一緒にいると自分が輝ける仲間と付き合ってます☆

「この人と一緒にいるとなんでも前向きに挑戦できちゃう!」そんな気分にさせてくれる人達は本当にいるんです。

・楽しいことばかり考える
これはストレスを解消する、というよりストレスを溜めない方法かな!

嫌なことを考えないんだから、ストレスが溜まらないのは当然ですよね♪

ちなみに極論を言うと、悪口や不満を「頭の中に留めているだけで」自分の価値を下げることに繋がります。

長くなるので詳しくは書きませんが。。。
嫌なことを考えている時は、自然と表情が曇ったり態度に出てしまうもので、人が近寄りがたいエネルギーを無意識で放ってしまうからです。

てなわけで、楽しいことばかりを考えて心のモヤモヤ感を作らないようにしましょ〜

キューバ・ハバナの観光地区でサルサを踊る人々の写真

・趣味に没頭
なんてったって、好きなことやってる時が一番楽しいじゃん♪

拙者はブログとダンス、気の合う人との会話とかかな〜

・体を動かす(ジョギングや軽い筋トレなど)
アスリートを目指すわけじゃないから、自分のペースで好きなだけやれば良いので気楽に〜

運動は肉体的にもエネルギーを消費するので、部屋にこもってすること(例えば読書)よりもスッキリしやすいです(^^)

・本当に心の許せる人の前で吐き出させてもらう
相手選びは慎重に〜

愚痴を聞いてもらった分、自分も相手に恩返しをしてあげましょう!

まとめ:毎日楽しく過ごそう♪

ネガティブな発言や行動は(それと頭の中でネガティブなことを考えるのも)、自分自身と周りの人を不快にし、自分の価値を下げます。
自分のもとから人を遠ざける効果もあります。

でも嫌な出来事は捉え方や言い方次第で、自分にとっても周りにとっても良い結果をもたらすことが出来るよ!
また心の中に溜まったものを、ネガティブ発言とは別のやり方で発散する方法もあります。

そうやって心の健康を保っていると、自分だけでなく仲間とも毎日を楽しく過ごせるようになりますー(^^)enjoy☆

今回の記事を読んでくれた方向け↓
「今日寒いね」は自分と友達を不幸せにする!言葉選びの大切さ☆

今の辛さが無ければその次の最幸な出来事は「絶対に」起こらない。

以上!
ネガティブ発言ばかりしている人と、その周りの人のドン引き具合を見てて「あ、一歩引いて場の全体を見てみるとこんな感じなんだ」と思ったよ日記でした〜

発言をしている本人は話しに夢中になってるから気づけないんだろうねぇ。。。

拙者も気をつけよ〜

余談2:悪口で気づける自分のこと

他人の性格や振る舞いを批判したくなった時、それは自分自身の性格や欠点、心のどこかで直したいと思っている癖などを知るチャンスになることがあります。

例えば、誰かが親からもらったお金で高級レストランで食事しているのを見て、「自分で稼いだお金じゃねーのに贅沢すんなよ。簡単にお金を渡す親にも呆れるわ」と思ったとします。

これは、そう思った本人の「金欲」や「仲の良い家族関係への憧れ」などが要因になっていたりします。

マウイ島HONUレストランの料理の写真

自分が苦労して手に入れたお金を、他人が簡単に手に入れてしまうことが気に障ってしまう・・・つまり、自分はお金への執着心が強いということがわかります。

また厳しい家庭環境で育ち、親に自分から頼みごとをしたことが無いから羨ましい・・・つまり、本当は家族と仲良くしたいと思っているってこと。

※上に書いたのは「例え」です

こういうことが起こる理由は、自分の姿を他人に映す(当てはめる)、「自己投影」が働いているからです。

他人の悪口を言っているはずが、実は自分自身の性格に嫌いな部分やトラウマがあり、それを吐き出しているだけだったりするんです〜

だって、レストランで食事をしている人は、何も悪いことをしていないですよね(^^;)
「お金は苦労して自分で稼ぐもの。親のお金で遊ぶのはいけないこと。」という自分で勝手に決めたルールを、周りの人間全てに当てはめて判断していることになります。

つまりのつまり。。。
他人(自分が好みの相手も苦手な相手も)は、自分の本当の姿を映し出してくれているってことなんです〜
そこに自分をより素敵な人間にするヒントがあると思うんですよね〜

自分がどんな心のフィルターをかけて世界を見ているのかを知ることで、今まで気づかなかった新しい自分を発見する良い機会になるかもしれませんよ(^^)☆

スポンサーリンク

Pocket