社会主義キューバ国内の貧富(収入)の差が半端ねぇー!って思った話。

Pocket

キューバ人の平均月収20US$を、たったの1時間で稼ぐキューバ人がいる。

社会主義だけど超格差

チェ・ゲバラさんや約半年前 (2016年11月)に亡くなったフィデル・カストロさんが起こした革命後、キューバはアメリカから離れてソ連に近づくために社会主義体制を取った。

社会主義(共産主義)は平等な社会を目指した国の体制のこと。

でも、2017年現在のキューバに行ってみたら「全然平等社会じゃないじゃん」って思った話。

キューバ・ハバナの紙幣(モネダ・クック)の写真

社会主義について全く知識が無い方はこの記事を読む前に調べるか、下の記事で簡単に説明してますので先にそちらをお読みくださいませ↓
え?キューバ人仕事してるじゃん!って思ったハバナ。

社会主義色が濃いキューバ人の月収

キューバ人の2012年の平均月収は20CUC(=20US$)らしい。
社会主義だから「それに従ってる人」の収入にはあまり差がないんじゃないかと思います。

あと、もらうもらわないは個人の自由だが食料配給もあります。
配給の内容は町によるのかもしれないけど、知り合いが住んでる町ではパンは毎日、米や油は月に一度くらいなので、大した物はもらえないみたいでした。

「無料で配給されるのに受け取らない人いるの?」って感じだけど、経済的に余裕のある人は受け取らないそうです。
「月収20US$で余裕ってどういうことやねん!」ってなるでしょうけど、理由はこの記事を読み進めればわかります〜

キューバの商店の写真

目安になるかわからないけど、物価は。。。
大衆食堂の激安チャーハン(具はハムとネギ、キャベツ、甘くないバナナ一切れ)と缶ジュースのセットで1CUC(=1US$)。
トマトとレタス(?)とハンバーグがサンドされたハンバーガー0.5CUC。
野菜は買ったことないんだけど、巨大なパパイヤ1個0.5CUCくらい。

ということで食料配給を受けながら自炊するれば、まあ「超〜ギリギリ」の生活は出来る・・・のかな?
家賃とかどうなってんだろ。

まあとにかくこれでなんとかするしかないんでしょうね(^^;)

あ、そーいえば、道端で立ち話してるおばちゃん達に話しかけられて突然「1CUP(0.04CUC)ちょーだい」って言われたこともある。

これが完全にキューバの社会主義下にいる人の生活事情。

スポンサーリンク

働くキューバ人の月収

次に話すのは、社会主義制度から抜け始めているキューバ人について。

キューバでは1990年代に自営業が認められる。
2010年には自営規制がさらに緩和されて、個人事業主がどんどん増えています。

この「キューバには個人事業主がいる」って話と「キューバ人の平均月収(20CUC)」を聞いて、ますます気になったのが民宿とタクシードライバーの収入。

最大20人くらい泊まれる民宿は一人一泊10CUC。

隣町までタクシーで5時間、運賃100CUC。
平均月収の5倍の額をたったの5時間で・・・ちなみにほぼ直線道路。爆笑
ガソリン代と車のローンがどんなもんかは知らないけどね。

果たして彼らの実際の稼ぎと、彼らが国に報告してる数字に差は無いのだろうか・・・
(・・・あるよね(笑))

キューバ・ハバナのクラシックカー(紫)の写真

それと、チップ制度はご存知でしょうか?

レストランを例に話すと。。。
料理代の他に、サービスを提供してくれたウェイター(やコック、その他従業員)に対してサービス料を支払う制度。

この制度がキューバで広まってきている。

ハバナの観光バスガイドなんかは、西欧人観光客を相手に一日働いたらチップだけで100CUCなんて軽く稼げるはず。
高級レストランやホテルの接客も同じく。

もしもそのチップを国に納めず、全額を従業員で分配しているのだとしたら・・・

って感じです。

まだまだ接客レベルは低いけどね↓
チップ制度|キューバに行ったらカナダの接客クオリティが高い理由がわかった

ちなみに「汚職は当たり前だ」と答えるキューバ人がいた。笑
何してんのか知らないけど。

まとめ:貧富の差がすごい

「社会主義だから収入がみんな一緒で平等に暮らしてるのかな〜」って思ってたけど、実際キューバに行ってみたら超格差社会だった。

(自営規制が緩和されたことが直接の原因かどうかはわからないけど)稼げる職に就ける人とそうでない人に二分化してしまったことが理由の一つ。

例えば。。。
「0.5CUCのハンバーガーを売る人」と「タクシーを5時間運転して100CUCも稼いじゃう人」。

これじゃあ貧富の差は今後拡大するばかりですよね〜(;´_ゝ`)ものすごい勢いで

キューバ政府がこの問題にどう対処していくのかが見ものです。

この記事を読んでくれた方向け↓
キューバ旅行|カストロ、チェ・ゲバラの社会主義時代の終わりを感じる

以上!
2017年にキューバに行ってみたら貧富の差が激しかったので、キューバ人の収入について考えてみたよ日記でした〜


Pocket