ドケチな拙者が考えた節約術|海外旅行中はクレジットカードが便利でお得!

Pocket

まず初めに「カードを利用するとポイントが貯まるからお得!」ってことですが、これについてははもう誰もがご存知だと思いますし、会社によってもそれぞれなのでポイント制について詳しい説明はしませんぴろぴろ。

旅行しながらポイントをジャンジャン貯めちゃおう☆

ちょっとしたおケチドケチな節約術

なんか自分がケチ過ぎて、自分がカード会社の社員になったんじゃないかと錯覚してしまう程調べてしまった…
てことで、せっかくなので記事にしてみる。

※2015年時点の手数料を参考に書いた記事です。
また実質年率等さらに詳しいことはカード会社の公式サイトでご確認ください。

買い物するなら現金よりカード払いの方がお得

※注1、ATMで現地通貨を下ろした場合(現金)と、店頭でのクレジットカード払いについて比較しています

※注2、わかりやすく1ドル=100円にしてます


出典:JANet

三井住友VISAの場合、カード払いだと「海外利用に係る事務処理コストとして1.63%を加えたレートが適用されます」だそうです。
つまり店頭カード払いで100ドル(1万円)使ったら、手数料として163円かかると思えば良いです。

一方。。。

VISAカードでATMから100ドル現地通貨をおろすと、キャッシングの利息は最低128円+ATM利用料216円=最低344円 + 現地の銀行へのATM利用手数料

※フィリピンで使った時はまず現地銀行への手数料だけで500円も取られた(泣)

これなら店頭でカード払いした方が遥かに安いです〜

クレジットカード1枚持ってるだけでいちいち現金を両替する手間も省けるし、たとえATMで現地通貨を下ろさなくてもあらゆる支払いを済ませられる便利過ぎる世の中!

スポンサーリンク

余談:リスクはあります

カードを使えば使うほどスキミングのリスクも高くなることも忘れないようにね〜

大きなショッピングセンターやホテル(激安宿は除く)等、ある程度信用できる所でカードを利用するようにしましょう。

カードを持つことのメリットや注意点についても書いてみました↓
海外旅行中のクレジットカード利用のメリットとデメリット

海外のATMでお金をおろすと、それがキャッシングになる場合

楽天カードと三井住友カードは海外ATMで現地通貨を引き出すとキャッシング扱いになり、引き出した(借りた)金額に利息を足して翌月返済になります。

もしも(キャッシングの)カードを2枚以上持っていくのであれば、カードの締め日をズラしていくとちょっとだけお得になるかもしれません。

例えば、1月15日に100ドル(1ドル=100円計算)をATMで下ろした場合。。。

締めが15日の翌月10日払いなら、利息は26日分の128円です。

締めが月末の翌月26日払いだと、利息は42日分の207円です。

※ちょっと注意
このクレカ会社2社の場合ATM利用日とレートはATMを実際に利用した日のものではなく、会社が利用情報を受け取り事務処理を行った時点のものになります。
利用した日のレートが1ドル=100円でも処理する時点で1ドル=105円になってたらこっちで計算されます。

また実際に利用した日が月末でも、利用情報が翌月に届いてしまった場合、利息は約二か月分払うことになってしまうことになる。

小銭
photo by 写真AC

ちなみに新生銀行のキャッシュカードの場合は、100ドルおろすと手数料は400円です。

新生銀行はキャッシングにならないから即日口座から引き落とされるけど、実は手数料としてレートが4%加算されるので1ドル=104円となります。
だから100ドル下ろすと手数料は400円。

その他カードの利便性については下記の記事で紹介してます↓
バックパッカー歴3年以上の拙者は海外旅行前に現金を用意しません。

オススメカード会社についての記事はこちら↓
世界一周経験者が選ぶ海外旅行向けクレジットカード会社3選!

はい、以上〜
ドケチバックパッカーの拙者が海外旅行中のクレジットカード利用の手数料などについて書いてみたよ日記でした〜

関連記事(一部広告含む)



Pocket