コーヒーの絵本|豆からの美味しいいれ方がわかる世界一の本、あります♪

Pocket

自転車日本一周中に立ちよった神戸のカフェに置かれていた本が、あまりにも名作すぎたので即買い!

名作:コーヒーの絵本

おいしいコーヒーのいれ方がよくわかる
世界でいちばんやさしいコーヒーの絵本☆

と、帯に書かれていましたが、まさにその通りだと思いました〜♪

コーヒーの絵本と紅茶の絵本の写真

どんなことが描かれているのかと言うと。。。

・コーヒーがもっと愛おしくなっちゃう小話

・ていうか、コーヒーって一体なんなの?

・産地ごとの豆の特徴

・コーヒーを自分でいれるのに必要なもの

・何通りもある、いれ方の紹介

・それぞれのいれ方の味の特徴

・おいしくいれるコツ

などなど〜

いつもコーヒーを自分でいれている方も
まだ自分でいれたことのない方も、みんなが楽しめる内容になっています(^^)♪

てことで今回は!

コーヒーをもっとおいしく、楽しくしちゃうお話です〜☆

コーヒーって、不思議。。。

最近ではコンビニにもコーヒーメーカーが置かれて、
豆から挽いていれる飲み方がより身近になりましたね〜(^^)

でも「豆をけずって機械の中でお湯をとおす」という過程は同じはずなのに、
コンビニによって味に違いを感じませんか?

いや、コンビニだけでなく
どのコーヒーにも違いがあって、そしてそれぞれが良い特徴を持っていますよね〜

珈琲を淹れる女の子の写真

また、コーヒーって、たとえ全くおなじ豆を使っても、お湯の温度や注ぐ早さなどで味がかわるんです♪

急いでサッといれるコーヒー、じっくり慎重にいれるコーヒー。。。

だからね、いれる人の性格や、その時の気持ちが味に出るんですよ(^^)

今日は、どんな味のコーヒーができるかな。。。

豆からいれるコーヒー☆

コーヒーは、

1、豆を挽いて粉状にする

2、粉状になった豆にお湯をとおす

というのが基本的ないれ方です☆

コーヒー布ドリップ(カリタ:KH-5)の写真

お店に行くと、挽いて粉状になった豆も販売されているのですが、
僕はいつも豆の状態でコーヒーを買っています〜

豆で買ってくるということは、自分で挽かなければならないので
「え?なんでわざわざ手間を増やすん?」と、疑問に思う方もいるかもしれませんね〜

ズバリ、僕が手間を増やす理由はですね、

コーヒー豆は、鮮度がとっても大切だからなんです〜☆

コーヒーって、豆のままでも良い香りがしますし、
挽くともっと香りが強くなって、それだけで「あ〜たまらん♪」ってなるのですが・・・

実は、香りがするということは「香りが逃げている」ってことなんですよ〜

カリタのコーヒーミルKH-5(中細びき)の写真

ただでさえ豆の状態でも少しずつ失われる香り、挽いてしまうとそれをさらに早めてしまうんです★

だから豆は新鮮なものを、できればコーヒーをいれる直前まで豆の状態にしておきたいところ☆
これが僕が豆のままで買ってくる理由です〜

・・・まあ、一番の理由は「雰囲気がいいから」なんですけどね(笑)

何が必要なの?

コーヒーをどうやっていれるかにもよりますが、今回はペーパードリップで説明いたします。

用意するものは。。。

・ミル(豆を挽く道具)

・フィルター + ペーパー

・ポット(やかん)

これだけあれば、自分でコーヒーをいれることが出来ます(^^)あら簡単

コーヒーのペーパードリップセットの写真

僕はいつも目分量なのですが
メジャースプーンやハカリがあれば、豆の量をキチッと測ることができますよ☆

ちなみに、一杯180mlに対して、豆は15gくらいが目安とされていますので、
まずは15gでいれて味をみて、それから増やしたり減らしたりと調整していくといいかも〜

ガツンと濃いのを飲みたい時なんかは、豆の量をふやしたり〜

余談:1杯いくら?

カフェで飲むコーヒーの値段は地域によってかなり差がありますが、
神奈川県の僕の地元では、相場は1杯500円くらい〜

まあカフェは値段だけ見るとちょっと高級な感じがありますが、
コンビニなんかは100円で飲めるし、自分で豆を買うより安いんじゃないの?
と、思う方もいるかもしれませんが・・・

豆からいれると1杯、たったの33〜76円くらいなんです〜☆
(豆100〜200gを500円で購入して、ネルドリップしたときの計算)

コーヒー豆と50円の写真

もっと高級なものもありますが、
僕はそこまで味の違いはわからない(笑)ので、いつもこれくらい(^^)

この値段で本格的なコーヒーを、自宅で手軽に味わえちゃうんですよ〜
それに豆えらびや、挽いた時に広がるとっても良い香りまで楽しめちゃいます♪

本当に奥が深いよ☆

記事のはじめにも書きましたが、コーヒーには本当にいろんな味(種類)があります。

とくに違いが出るのは、甘み・酸味・苦味にコクの4つです☆

カリタのコーヒーミルKH-5と豆とコーヒーの写真

その違いが出る理由は

・豆の産地

・焙煎具合(豆の焼き加減)

・豆の挽き具合(粉の大きさ)と量

・ドリップ方法

・お湯をとおす早さ

などなど〜

その味、無限大。。。

友達が淹れてくれた珈琲ラテアートの写真

たくさん試して、自分にピッタリなコーヒー探しをするのも楽しそう(^^)☆

と言っても。。。
おなじ人がおなじ豆で、おなじ手法でいれても、ちがう味になることがあるんですけども〜
ま、そこもまたいいところですねぇ♪

はい、まとめます〜

コーヒーは、いれ方はシンプルですが、
いれる人の性格や気持ちが味にでることもあり、その楽しみ方は無限大☆

鮮度が大切なので、香りを保つためにも、
できればコーヒーをいれる直前まで豆の状態で保存しておきたいところ。

豆から挽いていれる場合でも、必要なものは少ないので、気軽に楽しむことができます♪

高級なものでなければ、1杯50円前後〜

Homdox手動コーヒーミル(アウトドアにて)の写真
外でいれるコーヒーもまた格別!

コーヒーについてもっと知りたい、おいしくいれられるようになりたい、という方には
「世界でいちばんやさしいコーヒーの絵本」をオススメしております(^^)

わずか数十ページの小さな本なのですが、
コーヒー豆のことから美味しいいれ方まで、ビックリするほどわかりやすく描かれています☆

書店にもおかれているので、興味のある方はぜひ手にとってめくってみてね〜

今の気分にピッタリなコーヒー、見つけてみましょ♪

以上!
神戸のカフェにおかれていた「コーヒーの絵本」が名作すぎて、すぐに買ってきてじっくり読んでみたらますますコーヒーが好きになっちゃったよ日記でした〜

僕が使っているミルはこちら↓
持ちやすいのでオススメ!カリタの手動コーヒーミルならコレ♪

ハイキングやキャンプではこちらを使ってます〜↓
おすすめ手動コーヒーミル!コンパクトでアウトドア向けです~

ちなみにブログに書こうと思って、改めて読みなおしてみたら
たまらず1杯いれたくなり、今もお手元にコーヒーさんがいらっしゃいます(笑)

今回僕が紹介したのはこちら↓

関連記事



Pocket