オアハカ州シポリテでメキシコ人のクリスマスパーティに参加してきた☆

Pocket

宿のオーナーがクリスマスパーティに招待してくれたので参加してみた~

2016年12月24日、常夏の楽園シポリテ生活33日目の日記。

☆X’mas in メキシコ☆

常夏の楽園にだってクリスマスはやってくるんやい♪

メキシコのクリスマス飾り(フェルトツリー)の写真

てことで、居心地が良くて34泊しちゃったシポリテの宿のオーナー、オマルパパが24日の夜に彼の家族とクリスマスディナーをやるとのことで、拙者を含めた宿泊者を招待してくださった(*´з`)いい人

もちろん参加だぜ!\(^o^)/英語もスペイン語も大して話せないけどな!

メキシコのクリスマスイブはこんな感じ

この2日前からオマルパパの弟家族が宿に泊まりに来ていた。
家族は近隣の自然公園に行ったり観光も楽しんでいた様子。

クリスチャンにとっては年末年始よりも、クリスマスの方がメインの休暇だもんね。

24日の昼からは宿の共有スペースにクリスマスディナー用に机をデコレーションしたり、オーブンで七面鳥(だよね?)を焼いたり。。。
他のキリスト国と同じような準備をしていたよ!

メキシコのクリスマスディナー準備の写真

メキシコのクリスマスディナー(七面鳥)の写真

メキシコのクリスマス飾り(長靴)の写真

ちゃんと長靴の飾りもあるね~♪

そして夜~
素敵なお料理が机に並べられてバイキング形式で好きな物を取り、シャンパンで乾杯~☆

メキシコのクリスマスディナーバイキングの写真

シポリテの安宿Hotel Hostsl Teresaでクリスマスパーティしてる写真

乾杯後はワイワイ食事して、食後もみんなでまったり~

メキシコのクリスマスパーティの写真

メキシコのしかも常夏ビーチとは言え、クリスマスにやることは欧米諸国と大差ないみたいだね~(^^)

ちなみにカナダではこんな感じだった↓
ややこしい!カナダでドイツ人のカップルとクリスマスに日本酒を飲む

写真無いけど、25日にはビーチでパーティやっててオーストラリア人に誘われたから行ってみた。
・・・のだがしかし、そのパーティはカナダ人とアメリカ人ばっかで、ネイティブ英語に悲しくなるほどついていけずお酒を軽く飲んでそそくさと退散(´_ゝ`)they speak so fast.

余談だけどシポリテ、カナダ人が多い。
旅行者もそうだし、住んでる人もいたよ。

スポンサーリンク

12月のシポリテ

このシーズンは色々とイベントやってるみたい!

移動サーカスが来たりジャズバンドやってたり~♪

メキシコ・シポリテの移動サーカスの写真

あと観光客もめっちゃ多い(´_ゝ`)ビーチにも人いっぱい
特に12月第2週目くらいから人が激増したよ!
安めの宿とかは予約しておくと安心かもね~

余談:良いライブイベントとは

ストリートパフォーマンスやお店を借りたショーは無料もしくは低コスト(会場貸切るよりはね)で出演出来るけど、会場貸切ってチケット制でやるのと比べて不利な点は「観客の中にはパフォーマンスを見てもチップを払わない人がいるところ」だよね。
チップを払うかどうかは観客の自由だから。

パフォーマーになるなら知名度の低いうちはローリスクローリターン(?)でストリートやお店でライブをガンガンやって、ある程度のファンが付くようになったらチケット制にするってのが良いのかなぁ?
自分たちを知ってもらわないことには、チケットなんて売れるわけないもんね。

・・・あ、だから「イベント」ってのがあるのか!
トリにちょっとした有名人を登場させて、タイムテーブルを見たお客さんが「あ!この人が出演するなら行きたい!」と思ってもらえるように。

そうすることで「トリ」が目的で来たお客さんたちに、メジャーじゃないパフォーマー達のライブを見てもらう(知ってもらう)チャンスを作るんさね。

「トリ(有名人)」の力も借りて、若手の成長を応援してる訳か~

へぇ~ちょっと勉強になった。

メキシコ・シポリテのジャズライブの写真

こういうところまで配慮しつつ、出演者、お客さんの両方のことをしっかりと考えているオーガナイザーが運営するイベントはめっちゃ良いものになるんだろね~(^^)♪

オーガナイザーがそこまで考えるのは当たり前か(笑)

ま、オーガナイザーやるつもりもパファーマーになるつもりもないから、なんでもいいんすけどね。笑

話がスンゴイ脱線した。

とりあえず拙者は超ド級のケチではるが、ストリートでもお店でも自分が観客としてパフォーマンスを楽しめた時はチップ払ってます。

超余談:一つ言いたいことがある。

クリスマスシーズンはシポリテもこんな感じであちこちデコレーションされてます。

メキシコのクリスマス飾り(ライトとサンタの飾り)の写真

メキシコのクリスマス飾り(サンタの飾り)の写真

とてもかわいらしい・・・が・・・

ここ

雪降らない!

メキシコのクリスマス飾り(雪の家)の写真

ここ、年中灼熱!

メキシコ・シポリテのヌーディストビーチ(木像)の写真

雪に憧れてあえてデコレーションするっていう捉え方もあるかもしらんが、サンタクロースの服装がもう見ただけで暑苦しい!
こっちは上半身裸でも、日中に外出したら灼熱過ぎて汗だくなのに!
サンタもせめて半ズボンにタンクトップ、出来れば暑苦しいヒゲも剃り落としてくれたらいいのに!

てことでね、やっぱクリスマスは寒いものだと思っちゃうのよね、北半球人だから。
初めて夏のクリスマスを味わえたから新鮮で良かったと言えば良かったけど、クリスマス~なムードはどうも感じられなかったかな~

あ、でもビキニ姿でサンタの帽子かぶった白人のお姉ちゃんたちを見れたのは嬉しかった。
本当に、嬉しかった。感動した。
罪な程に輝いて見えたぜ(*´з`)Gracias amiga☆

いや、これが見れるからむしろ暑いクリスマスの方が好きかも。
あ、好きだ、暑いクリスマス・・・に現れる、ビキニ姿でサンタクロース帽子をかぶったお姉ちゃん。

以上!
メキシコの常夏の楽園シポリテにもちゃんとクリスマスはやってきて、メキシコ人のディナーパーティに参加してみたよ日記でした~

拙者がクリスマスを過ごしたのはこんなところだよ↓
メキシコのシポリテは「何もしない」を楽しむ楽園天国です。

メキシコのクリスマスイルミネーションの写真

大事なことなのでもう一度言います。

ビキニにサンタクロース帽子の組み合わせには感動しました。

スポンサーリンク

Pocket