不幸な過去?そんなもんはモミ消して幸せな過去に変えればいい!

Pocket

思い出すと嫌な気持ちになって、今現在の日常も楽しめなくなるようなことをいつまでも頭の中に留めておく必要は無いよ\(^o^)/
そんな嫌な思い出よりも、楽しい思い出ばかりを残していった方が絶対気持ちが前向きになっていいさー!

過去は変えられる

1週間前に自分が食べた物を思い出せる?
思い出せたとしたら、それを本当に食べたと証明できる?

とか小学生みたいな問いかけはさておき・・・

拙者が言いたいのは
「過去の出来事なんてのは実際に起きたかどうかもわからんのだし、嫌な出来事(思い出)をいつまでも引きずる必要は無い」ってことです!

思い出すと辛くなることを覚えておくか、思い出すと楽しくなることを覚えておくか、自分自身で選ぶことが出来るんです。

スポンサーリンク

過去に拘っているのは自分だけ

人前で大失敗をして大恥をかいて、それを思い出す度に後悔の念が頭の中を埋め尽くす。
もうあんな嫌な思いをしたくないから人との関わりを持つことはやめよう。

そんなような選択をして自分が幸せだと思えるタイプの人なら、もうこの記事を読む意味は無くなっちゃうので、それ以外の人だけ読み進めてちょ~

横浜赤レンガオクトーバーフェスト(富士山のおじちゃんと)の写真
※拙者の髪はショートです、花の飾りは拙者の頭に付いているわけでありません

さて、「過去の自分がこんなだったから、お先も真っ暗不幸の道を歩んでいくしかないんだ・・・」なんてことは思う必要はまったくないと思うんです。

紙に文字として、またはコンピューターにはその出来事が起きた証拠が記録されているかもしれない、それに関わった人たちの記憶にも残っているかもしれない。
でも、たったそれだけのこと。

借金を作ってしまっても今残っているのは「借金があるという事実」だけ。

それらは今現在の自分(と過去)を不幸だと思い込む要素にはなりません。
だって恥をかいたのは過去のほんの一時だけの自分だもん。

拙者は、あなたのその失敗を知らなきゃ顔も名前も知らないですよ〜

本当に起きたかどうかは重要じゃないから・・・

「今日寒いね」は自分と友達を不幸せにする!言葉選びの大切さ☆」の記事でも話したけど、自分が幸せか不幸せかは頭の中がどんな言葉(感情や思い出)で埋め尽くされているかで決まります。

幸せになりたい(幸せだと思い込みたい)のなら、ポジティブな言葉や楽しかったこと、嬉しかったことばかりを頭の中に留めておけば良い。

でさ、極論ではあるけど、幸せな気持ちになりたいなら「幸せな思い出(過去)を作ってしまったっていい」んですよね。

昨日食べたステーキが美味しかった♪
あの街角のアスファルトに咲いた花は綺麗だったし、力強くて元気をもらったな♪
オクトーバーフェストが楽しすぎて最高だった☆

横浜赤レンガオクトーバーフェスト(ビールと自分)の写真

不思議な話ではあるかもしれないけど、これらが実際に起きた出来事かどうかなんて、人間が幸せな気分(的確な言葉で言うと「明るい気持ち」)になるのには関係ない。

何故なのかと聞かれても、学者じゃないからそのメカニズムについて答えられないんだけど・・・ま、そこは重要じゃないでしょ!
ここで拙者が話したいのは「人はどうしたら幸せになれるか」だし!

嘘だと思うのなら10日間、現実に起きたかどうかは関係なく楽しくなったり嬉しくなったりする出来事「だけ」を、常に頭の中に留めてみてください〜
自分の意思とは関係なく嫌な出来事だって起こるものだけど、そんなものは瞬時に忘れて楽しいことを思い出す!笑

ていうか、実はね、出来事の内容を一切省いて

「昨日、なんか楽しかったな」

こう思い浮かべるだけでもいいんですけどね(笑)

・・・今まで心(言葉)のコントロールをやったことが無い人が10日間で、ポジティブな事だけで頭の中を完全に埋め尽くすのは難しいかもしれないけど、でも続けていればその内出来るようになります。

既に起こってしまった嫌な出来事を良い出来事に変える裏技の解説もあるよ↓
幸・不幸どちらを選ぶ?全ての出来事は二択!楽しく人生送ろうよ☆

まとめ:不幸な過去を捻じ曲げてみよう!笑

話がだいぶ脱線しちゃったけど、まとめます。

人間が幸せだと思うかどうかは、頭の中にどんな言葉や思い出が詰まっているかで決まる。
過去に起きた嫌な出来事ばかりを頭に留めていれば、当然自分の過去は不幸せなものになる。

でも現在の自分が上向きな気持ちで過ごすために、その不幸な過去を幸せな過去に変えることだって出来る。

その方法は至ってシンプル。
嫌な出来事をいつまでも考えていないで、楽しかったこと「だけ」を思い出せばいい。

渋谷のクラブでハロウィンパーティ(ドラえもん仮装)の写真

「昨日食べたご飯が美味しかった♪」
「あの映画おもしろかった♪」
「子供の頃に公園で友達と鬼ごっこしたの楽しかったな♪」

思い浮かべて気分が良くなる出来事なら、こういう本当に些細なことでも良いんだよ~
ポジティブな考え(思い出や言葉)で頭の中を埋め尽くせば、自分が幸せだと感じずにはいられなくなるよ!

そして実は、思い浮かべて楽しくなるその出来事が事実なのかどうかは、今の自分の気分を上げるのには関係ないんですよね。

とにかく、自分は幸せな過去を送ってきた、そう「頭(心)が認識さえすれば良い」のだから\(^o^)/I am HAPPY☆

以上!
今現在を幸せな気持ちで過ごしたいのなら、過去を捻じ曲げたっていいんだよって話でした~

「いい人生送ってきたな」
たとえなんとなくでも、そう思った瞬間自分の過去は幸せなものになる。

過去ではなく未来に起こる出来事についてはこちら↓
人生が幸せにしかならない方法(考え方)!すべての選択権は自分にある。

人生観変わります↓
仕事の悩みや将来の不安を抱えた人が行くべき楽園シポリテ

不幸な過去にこだわっているのあなただけ。
拙者はあなたの過去の何一つをも知らないよ。

スポンサーリンク

Pocket