徹底解説!人気ブログの記事タイトルの付け方を公開しちゃいます~

Pocket

あなたのブログでこんな現象は起こっていませんか?

「記事公開直後は読まれるけど、時間が経つとその記事は読まれなくなる」

文字は1500字以上だし、見出しも使ってできるだけ見やすくして、読者が飽きないよう面白おかしく冗談も入れてるのに・・・

その現象は記事のタイトルを変更すれば解消できる可能性が高いですよ~☆

タイトルは大事ですよ!

読者がブログの記事(日記)を読むかどうかは、タイトル次第です~

なぜならそのページを開く前に、読者が得られる情報は「記事のタイトル(とアイキャッチ画像)のみ」だからです。

これだけでタイトルの付け方が、いかに重要なのかがわかります(^^)

ということで、今回は「読まれる記事タイトルの付け方」を解説いたします~

スポンサーリンク

タイトルで内容を伝えよう!

タイトルを付ける際に、最も大事なのは「何について書いた記事なのかを明確にすること」です☆

記事を書いている側としては、内容のすべてを把握しているから、短いタイトルにしても何を書いたのかがわかっています・・・の、だが!

しかし!!

ブログを読むのは読者であり、ブログ筆者が何者で、どこで何をしているかなんて全く知らない方達なんです~

Who are you?

だから、まずは記事のタイトルで何について書いているのかを、説明してあげることが大切(^^)

読者は、タイトルを読んで興味を持った時、そこで初めて「あ、この記事読んでみよう」と、クリックしてページを開いてくれるんですよ~

読まれない記事のタイトル

僕のブログで実際に「タイトル変更後にアクセスされるようになった記事」を例に、話をすすめますね~

これがその記事の元々のタイトル↓

「無知の地獄」

ブログを始めた直後に書いた記事なんですが・・・全然読まれませんでした(笑)

読まれなかった(クリックしてページを開かれない)理由は、「タイトルを読んでも、何について書いた記事なのか全くわからないから」です。

タイトルはとっても大事

記事の内容はと言うと「英語留学した際に、自分のリスニング力が低すぎて苦しい思いをしたよ」って話(^^;)
結構まじめに書いたつもりなんですけどね・・・(苦笑)

たとえ濃い内容の素晴らしい記事を書けたとしても、読者にそのページを開いてもらわない限り、何も伝えることができないんです~

タイトルをしっかりさせると・・・

「無知の地獄」の変更後の記事タイトルは

「英語の授業が聞き取れないから留学で失敗!無知が生み出した地獄 ・・・」

このタイトルなら、僕のブログに初めてアクセスしてくれた方にも「あ、このブロガーは英語留学して大変な思いをしたんだな」と、記事の内容や僕が体験したことまで、なんとなく伝えることができます。

他の記事もこんな感じでタイトルを変更していった結果、記事(と僕)に興味を持ってくれる読者の数が増えていきました(^^)嬉しい~☆

本文がタイトル負けしてる記事も時々見かけます~↓
ブログは記事タイトルと内容の一致が大切!旅行系ブロガーの最後まで読まれない記事

余談:検索キーワードを盛り込んでみよう

検索キーワードとは、Google等で何かを調べる際に、検索にかける言葉のことです。

検索キーワード

「無知の地獄」の変更後のタイトルにも、検索キーワードをたくさん盛り込んでいます。

「英語」「授業」「聞き取れない」「留学」「失敗」が、そうです。

タイトルにキーワードを使うことで、誰かがGoogleやYahooでこれらの単語を検索にかけた時、この記事が検索結果に表示されやすくなります。
このおかげで、よりアクセス数が上がっています~

検索キーワード(と文字数)はブログを運営する上で非常~に重要で、話すと長くなるため個別に記事を書いてみました。

ブログ運営中級向けの内容ですが、初心者の方でもわかりやすいように書いてみました~↓
ブログの超基礎!検索エンジンを意識した記事タイトルの付け方

あと、これが例の記事です↓
英語の授業が聞き取れないから留学で失敗!無知が生み出した地獄 ・・・

クリックされやすい言葉もあるよ!

これはちょっとおまけ的な要素ですが「読者が読みたくなる言葉を使うこと」も効果的です☆

例をいくつか挙げてみますね~

・心理をうまく突いてくる(笑)編

読者が「え、なになに?」と、なんとなく記事が気になってしまう言葉たちです(^皿^)

「まだ試してないの?」
「ハッキリ言うけど○○」
「悔しいけど○○」

気になる写真

・特定の人に的を絞る編

趣味や職業、年齢など、当てはまる読者の気持ちを強く引く言葉~

「○○してる人は必見!」
「○○の内にやっておくべき!」
「猿でもわかる!」

・他のブロガーがよく使ってる単語編

これはインターネットで検索した時によく見かける単語です~

「絶対」
「まとめ」
「オススメ」
「ランキング」



挙げだしたらキリが無いので、例はこの辺にしておきます。

適当な言葉でネット検索するだけでも色々と出てきますよ~♪
気になってしまうタイトルを見かけたら、どんな言葉や言い方をしているのかチェックしてみましょう☆

ちなみに、この記事では「徹底解説!」と「人気ブログ」という言葉を使ってみました(^^)

まとめ:タイトルはよく考えましょう

ブログを読む前に、読者が得ることができる情報は「記事のタイトル(とアイキャッチ画像)のみ」。
だから読者がブログの記事(日記)を読むかどうかは、タイトル次第である。

ポイントは「タイトルを読むだけで、記事の内容がわかるようにすること」。

本格的にブログを運営していきたいのであれば、「検索キーワード(検索エンジン)」を意識することは不可欠!

読者が記事を読みたくなるような言葉や言い方もあるので、それもうまく活用してみましょう♪

過去に書いた全然読まれない記事だって、これらを意識してタイトルを変更することで「読まれる記事」にすることが出来る☆

以上!
アクセス数の多い人気ブログ(プロブロガー)の記事タイトルの付け方を紹介してみました~

今までタイトルをなんとなくで決めていた方は、これを変えるだけでアクセス(PV)数が全然違う結果になると思いますよ(^^)/
(・・・もちろん記事の内容がしっかりしている場合の話ですよ~)

初心者でも簡単にPVを上げるコツもあるのでよかったら~↓
簡単5秒でPV1.5倍!内部リンクの貼り方と、その重要さを説明します~

関連記事(一部広告含む)



Pocket