旅行ブログを読みやすいように時系列で並べてみました。

Pocket

2015年9月6日に日本を飛び出し、2016年10月15日現在も相変わらず自由な旅を続けています。
この間260記事書いてきたのですが、それらは旅日記だったり、留学やワーホリ情報をだったりと、続けて読んで下さってもなかなか旅が続いている感じがしなかったかと思います。

そこで、これまでの記事の「旅日記のみ」を時系列に並べて順番に読みやすいようにまとめてみました。

青字をクリックするとページが切り替わります↓

拙者の旅路

序章-1 フィリピン編

序章-2 バンクーバー生活|ワーホリ編

序章-3 ドイツ人と行く!限界ギリギリアメリカレンタカーの旅編

まだ北米編の途中までしか整理出来ていませんが、今後時間のある時に続きもこのページに加えていきたいと思います。

アメリカの砂漠の町の写真

自分でも読み返してみているのですが、これらがもう1年も前のことだなんて信じられないくらいつい最近の出来事のように思えます。

自分の英語力の無さのおかげで、いきなり地獄を見た留学1週目
伝統料理を食べるのは旅の醍醐味ということで、ゲテモノ感が半端ない孵化しかけの卵に挑戦。
世界遺産の”天国への階段”を見る前に干からびて天国に逝きそうになったバタッド村

フィリピンでは色々あったなぁ。
CNE1に留学していなかったら、今拙者はこんなにも充実した生活を送れていなかっただろう。

序章-1 フィリピン編

バンクーバー最初の宿泊は盗難が日常茶飯事のファンタスティック過ぎる激安宿
人生初の独り暮らし、そして初のシェアハウスでルームメイトと過ごした温かいクリスマス
大興奮した老若男女問わずパンツ一丁で地下鉄に乗る変なお祭り

外国人と一緒に暮らしたり、外国人経営のレストランで働いたりこれまでの自分の価値観や考えが大きく変わったバンクーバー生活だった。

序章-2 バンクーバー生活|ワーホリ編

極寒過ぎて死ぬかと思った初めてのアメリカキャンピング
とにかく感動しまくった砂漠のサルベーションマウンテン
景色が凄すぎて日記が変なことになってるグランドキャニオン

怒られたし、最後に皆と良い別れ方が出来なかったけど、一生の思い出になる旅行だった。

序章-3 ドイツ人と行く!限界ギリギリアメリカレンタカーの旅編

こうして月日が経っても自分の行動や、その時その時の考えの細かい記録を読み返すことが出来るのがブログの良い所。

旅ブロガーになって良かった。
旅に出て良かった。

これからもある程度記事が書き溜まったら、こんな感じに時系列に並べていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

拙者の旅路

それではみなさん
世界のどこかで会いましょう。



Pocket