ワーホリの仕事なんて所詮アルバイト。お金以外に得られること、ある?

Pocket

ワーホリで「アルバイトレベルの」仕事に就いて得られることなんてたかが知れている。
それ自体に期待し過ぎていると残念な結果になるなり~

あといきなり余談なんですけど、ワーホリをすること自体は凄くもなんともないんですよねん。

ワーホリ中の人のブログとかTwitter見てみると

“オススメ! ○○ Cafeの絶品チーズケーキ☆”
“明日はバイト休み!バーでサッカーの試合観戦なう~”

みたいな、周りから見たらどうでもいいことを発信してる人がたくさんいます(゜゜)

渡航前、直後の人にとっては、そこに住むこと自体が冒険だったりするけど、経験者達にとってワーホリなんて日本の生活と何も変わらないからね。

探求心や成長しようとする姿勢を持たずにワーホリをしても、それ自体には価値を与えられずに1年が終わっちゃいます。

はい、メリークリスマス☆

ワーキングホリデーのお仕事

今日はカナダでやったお仕事経験をもとに、ワーホリのパートタイムジョブについて思うことを書いてみます〜

こんなお仕事してました

拙者が体験したお仕事(パートタイムジョブ)

1、皿洗い(3日間(笑))
2、レストランのウェイター(外国人経営の日本食、3ヶ月)

満足したからこれだけしかやってません。笑

まあただのアルバイトだよね

お仕事内容

・皿洗い
そのまんま。お皿洗ったり、ゴミ出ししたり普通の雑用。

・レストランのウェイター
日本の飲食店と一緒・・・だけど雑用感が強かった。笑

てことで

その中身はただのアルバイトでした。

海外でやろうがどこでやろうが

所詮アルバイト。

積極的にお金以外の何かを得ようとする姿勢がないとやる意味無いし、そんな気が無いなら日本でもっと高時給で楽しいアルバイトした方が良いな、と拙者は思いました。

ワーホリアルバイトイラスト

ちなみに拙者の仕事の感想はこんなもん↓
ワーホリの皿洗いなんて辞めてやる!

外国人経営の日本食レストランでのウェイター生活を振り返る

でもワーホリって素晴らしい

記事前半で否定的なことを言っといてなんだけど、もちろん仕事を通して得られることはあります!
だってそこは日本じゃないからね、何も得られない方がおかしいぜよ!

ワーホリの成果を感じられない人は、そこが「海外」であることを意識してこれまでの体験を「日本の生活と比較して」振り返ってみるといいですよ〜
記事前半で言ってる事と矛盾してると思う人もいるかもですけど、この意味はよく考えた人にはわかる・・・はず。

クリスマスイブに教会に集まる人々の写真

ワーホリの仕事自体はただのアルバイト経験にしかならない、けど、そこで見たこと、感じたことには日本では得られない価値があります。

だから拙者はワーホリを経験することをオススメします。マジで!

余談:人それぞれです

ただお金を稼ぐためにワーホリをすることが悪いと言いたいわけじゃないです!

そもそもの渡航目的が、海外生活を楽しみながらお金を稼ぐとかなら、それで目的を果たせているわけですし〜
それを成し遂げた人の満足度だって絶対高いと思いますもん♪

まとめ

ワーホリでアルバイトレベルの仕事に就いて得られることなんてたかが知れている。

「海外にいるからこそ」体験出来ること、得られることを積極的に求める姿勢が無いと、ワーホリ経験後の自分が持っていることは「アルバイト経験」と「海外で生活した(遊んだ)思い出」だけで終わる可能性は充分にある。

ワーホリに自ら求めていることが無く、ワーホリが自分に何かを与えてくれるだろうと受け身の姿勢じゃ大した経験も、学べることも無いです。
ワーホリ・・・ていうかもはや人生ってそういうものだよね。

それだけで終わりにしたくない人は今一度、自分が「海外」でやっていることは何なのかを考えてみると良いですよ(^^)

仕事経験(お金)以外で何かを得たいなら、まずは具体的な目標や目的を1つでも良いので決めてみましょう!
ワーホリを通してどんなことを得たいのかとか、日本と海外生活の違いを探し出してみるとか・・・
そうすれば自然と自分がやるべきことが見えてくるよ(^^)/

てなわけで拙者のワーホリはこんな感じ↓
ワーホリなのに仕事しないで何をしてるのかって?仕事よりも大事なこと。

物事をゆっくりと考える「時間と気持ちの余裕」を作るためにも大切な事がある↓
渡航前にワーホリ準備費用(予算)よく考えないと後悔すんよ。

以上!
拙者の思うワーホリのアルバイトについてでした~

ワーホリというビザプログラムに利用されるんじゃなくて、ワーホリを利用しよう!

スポンサーリンク

Pocket