大阪あいりん地区|超お金持ちでもホームレス生活をしていたりする

Pocket

「今」自分が楽しめることに取り組まなかったり、目の前にいる大切な人の存在を忘れてしまった時、お金(将来)の不安に悩まされてしまいます。

大阪あいりん地区

大阪市西成区、新今宮駅の南側に簡易宿所がたくさん集まる場所があり、そこは「あいりん地区」と呼ばれている。

簡易宿所は1500円以下で宿泊できる所が多いので、この地区には生活費を抑えたい日雇い労働者や求職者が多く集まっています。

大阪西成区あいりん地区(安宿の料金表)の写真

大阪西成区あいりん地区(ラーメン屋)の写真
味自慢のラーメンは200円

そんな土地柄のためか、ホームレスの方もたくさん集まっています。
(道路脇にはホームレスの荷物がたくさん置かれていました)

また、あいりん地区は立地が良く、大阪観光にうってつけなのでバックパッカーなど、宿泊費を抑えたい旅行者にも人気の滞在地になっています。

僕の旅友達も何人か実際に宿泊していて、個室の写真を見せてくれたので載せておきます〜

大阪あいりん地区の簡易宿所(安ホテル)の写真

トイレシャワーは共同で、一泊950円。

寝るだけなら快適そう。

ちなみに僕は、新今宮駅すぐ横の「ホテル新今宮」に宿泊しました。

カプセルだけど個室で、机と椅子、テレビもついてるのでとても快適でした☆

大阪西成区ホテル新今宮の個室(カプセルホテル)の写真

大阪西成区ホテル新今宮のベッド(カプセルホテル)の写真

大浴場も利用できて一泊1260円。

あいりん地区は物価も比較的安くなっています。

飲み物の自動販売機〜

大阪西成区あいりん地区(激安自動販売機)の写真

50円。笑

僕が見た限りではお惣菜、お弁当屋さんはイオンのスーパーと同じくらいか、それよりちょっと安いくらいな感じでした。
でも100円以下でお惣菜パックを買えるお店もあると、友達は言ってました~

自転車がたくさん停めてありましたが、交通費の節約をする人が多いのかな?

大阪西成区あいりん地区(自転車)の写真

軽く余談:噂について

「あいりん地区は危険地域で変な人しかいないから、絶対に近づいてはいけない」そう思っている方もいますが、そんなことはありません。
(2018年現在)

ただ滞在費を抑えたい旅行者、日雇い労働者や求職中の方が集まっているだけです〜
都合が良ければ一緒に飲んだりするし、食べ物や飲み物をご馳走してくれる優しい人達だっています(^^)

※もちろん冷やかしとか、いかにも観光なノリで歩き回るのはNGですよ

大阪西成区あいりん地区(居酒屋)の写真
↑あいりん地区の居酒屋

大阪西成区あいりん地区(夜)の写真

人通りが少なくて雰囲気がちょっと怖い場所もあるし、中には良からぬことを考える人もいるかもしれないけど・・・

でも、そういう場所があるのは大阪に限った話じゃないと思うんですよね〜

お金について考える

あいりん地区にはホームレスの方がたくさんいたので、ホームレスとお金に関する話をちょこっとします〜

ホームレスとは、そのまんま「住む家を持たずに路上で生活をする人」のこと。

「人の心や人生が豊かなものになるかどうか、それを決めるのはお金じゃない」
そのことに気づいた超お金持ち達は、お金が溢れる生活から自ら遠ざかっていました。

お金持ちホームレス

僕が自転車日本一周中に宿泊していたホテル(ゲストハウス)の共有スペースで、他の宿泊客とホームレスに関する話をしている時、横でそれを聞いていたAさんが「ホームレスいいですよね〜」と言いながら話に加わってきました。

そしてAさんの話を聞いていたら

路上生活をする人の中には、実は妻子持ちで超お金持ちの人もいたりするんですよ〜

という話題が出てきた。

大阪西成区あいりん地区の写真
昼のあいりん地区〜

Aさんの知り合いに、大企業の会長だかなんだかで超お金持ちの人がいるんですが、その人は「購入しない・他人から物をもらわない」というルールを決めて、自らホームレス生活を選びました。

食べ物も衣類も、自分に必要なものは全て拾い集めているそうです。

ちなみに、そうやって自分は橋の下での路上生活を楽しんでいるけど、でも、妻と子供はちゃんとした一軒家に住まわせています。

スポンサーリンク

大金ではなく家族を選んだ画家

一度大金を手に入れたけど、自らお金から遠ざかった人には僕も会ったことがあります。

彼は現在70歳で、数十年前はニューヨークで画家として活動していました。

そしてこんなことを言っていた。

ちょっと絵を描くだけで、それが数千ドルになっちゃうんだよね〜
だから、あの時は遊び(お金)に溺れていたよ〜

(この時「えーこの人サラッと凄いこと言っちゃったよー!」と、心の中で叫びました)

米ドル紙幣の写真

その彼が、大金を稼ぐことができるニューヨークでの画家生活を離れた理由は「家族のため」だと言っていました。

僕に必要だったのはお金じゃなくて、「人」だってことに気づいたんだ〜



めっちゃかっこいい!

お金は最低限あればいい

お金持ちホームレスさんや画家さんの話は、「お金だけあっても幸せにはなれない」ってことの良い教訓になりました。
(お金があればできることは増えるけどね)

この話を聞くよりも前に、僕も「お金を稼ぐことより仲間を大切にすべきだ」という内容の記事は公開したことがあります。

お金を稼ぐことより人との関わりを大切にした方が生活が豊かになる理由

でも正直に言うと「将来のためにもお金はたくさんあったらいいな〜欲しいな〜」とか「終身雇用の仕事に就いてる人っていいな〜」と思うことはよくあります。

旅をしながらアルバイトやお手伝いをして時々お小遣いをもらっているけど、2018年6月現在ではただの無職(旅人)ですからね(笑)
(・・・自分もある意味ホームレス(笑))

大阪道頓堀グリコ(自転車日本一周)の写真

でもでもやっぱり

「今」自分が楽しめることをしたり、目の前にいる人と幸せに過ごしていれば、それだけで心は満たされていくんですよね〜

あ、僕の心が曇ってしまい日常を楽しめなくなっている時は、そのことを忘れている時かも。

「今」目の前にあるものを大切にしようとしないから、将来とかお金の不安が心の中に溢れてきたり、生活に不満が出たり・・・

もしもお金のことを考えて心が暗くなってしまったら、自分の周りにあるものを見つめ直すようにしよっと。

人の心や人生が豊かなものになるかどうか、それを決めるのはお金じゃないんだから。

メキシコで発見した、この集落も凄かったです↓
仕事の悩みや将来の不安を抱えた人が行くべき楽園シポリテ

老若男女問わず、布一枚身につけない人々が浜辺で砂のお城作ったり、一日中お酒を飲んでいたり、毎日自由気ままに過ごしていました。

まとめ

溢れるようなお金を手に入れても、金銭的に裕福なその生活を自ら離れる人がいた。
理由は、彼らを幸せにできるものはお金ではなかったから。

もちろんお金があれば、好きな物を買えたりお金を使った娯楽など、できることを増やすことはできます。

でもお金以外にも、人の心を満たすことができるものはあるんですよね。

家族や友達とか、自然、動物 … and more

正装して高級レストランに行くのもいいけど、友達がいれば100円のおつまみと缶ビールで楽しく過ごすことはできます。

お金のことで心が曇ってしまったら、今目の前にある大切なものを見直しましょう。

以上!
大金を手に入れたのに自らそれを手放した人たちの話を聞いて、自分を幸せにしてくれるものは何なのか、今一度考えてみたよ日記でした〜

旅をしていると自分の知らない世界、知らない仕事や経験をした人たちに出会えるからおもしろいなぁ。。。

世界を旅しながら、星の数ほどの人々と話をしてみて気づいたこと〜↓
正しい生き方なんて無いよ|どんな道を選んでもうまくいく理由

お金について僕が思うこと↓
30歳までにやるべきこと|平均年収気にして転職する前にやることあるよ

超余談:僕が一番気になったのは・・・

お金持ちホームレスの話をしてくれたAさん自身も、実は失業中で各地の安ホテルを転々と回っている状況だったのだけど。。。
ホテル周辺を散歩したり、お酒を飲みながら他の宿泊客と談笑して毎日を有意義に過ごしているように見えました。

Aさんは何事も無いように明るく振舞っていただけかもしれないので質問はしなかったけど、個人的にはAさんの考え方や金銭状況が一番興味深かった(笑)

「ホームレスいいですよね〜」という、意味深なセリフがめちゃめちゃ気になるし〜
・・・経験者なのかな?

関連記事(一部広告含む)



Pocket